とと姉ちゃん第6週のネタバレ・感想「常子、竹蔵の思いを知る」

弁当

このページでは、NHKの朝ドラとと姉ちゃん」の6週ネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。とと姉ちゃんの5週に、星野武蔵(坂口健太郎)が新植物を発見したと思ったら、他人が先に見つけていてそのことで落ち込むねんね。

小橋常子(高畑充希)が励ましたことでなんとか立ち直ってんやんね。とと姉ちゃんの6週は、その続きからスタートすんねんな。とと姉ちゃん6週ネタバレあらすじは、下にのせています。その前に、6週の1話ずつの個人的な感想を書いてんねんな。

とと姉ちゃん(31話)感想「隈井の怒り!!」あらすじ

とと姉ちゃん(32話)感想「話してしまった隈井!」あらすじ

とと姉ちゃん(33話)感想「時効!」あらすじ

とと姉ちゃん(34話)感想「竹蔵の手紙!」あらすじ

とと姉ちゃん(35話)感想「感涙しちゃうピンチ!」あらすじ

とと姉ちゃん(36話)感想「雪融けの親子!」あらすじ

とと姉ちゃん第6週全体のネタバレあらすじを開始します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小橋家が森田屋に移り住んでから3ヶ月の月日がたってんね。常子と鞠子(相良樹)は料理に興味を覚えて、仕事の合間に教えてもらえるようにまでなっててんね。母の君子(木村多江)は、細やかな気遣いで自分らしさをだしてはるねんね。

せやけど、滝子(大地真央)と君子の関係は以前のままやってんねな。2人は、道で会っても、挨拶もない。目もあわせへん。そんな関係になっててんね。君子は、関係を修復する気がまったくあれへんかってんね。

そんな、ある日、森田まつ(秋野暢子)と滝子が道で偶然ばったり会ってんねな。まつは、常子たちのようないい孫を追いだしたことの嫌味をいうねんね。

そのことに、隈井(片岡鶴太郎)がいかるねんね。本当は、常子たちの学費も滝子がだしてはるのにと怒りがおさまれへんねな。








滝子と君子がまたしても大喧嘩!

その話を偶然、近くにいた常子と星野が聴いてしまってんねな。学費は、隈井が貸してくれてたはずが実は、滝子がだしていたことを君子に伝えていいものなのか迷っていてんねな。

常子は、そのことを鞠子と相談すんねな。滝子に頼らずとも幸せに暮らしていると思っている君子にその話をする気にはなれへんかってんな。せやけど、数日後に君子が隈井にお金の返済をすると、このお金は滝子にきちんと返すと話をしてしまうねん。

せやから、君子もそのことを知ってしまうねんね。その晩に、君子は滝子のところを訪ねるねんね。学費の援助は受けられへんと断りに行くんやんね。君子は、いつか清(大野拓朗)と常子を結婚させようと学費を出しているのだと思ったからやねんね。

なので、もうかかわらないでくれと滝子に話すねんね。そして、君子は自分の稼ぎだけで暮らすと言って朝から晩まで働きづめになるねんな。その様子を見てはった常子は心配であれへんねな。

美子(杉咲花)は、滝子と君子の関係など気にすることなく、しょっちゅう滝子に甘えておやつをもらっていてんねな。せやけど、言い合いをしたその晩以降は、滝子が美子が来ても帰ってくれと冷たく対応をするねんね。

滝子もまた孫たちとの関係を断とうとしていてんな。しかし、そのことが美子にとってはとても寂しかってんやんね。

竹蔵が2人の雪解け役に?

その頃、亡くなった父・竹蔵(西島秀俊)が以前勤めてた浜松の会社の社長・杉野(田山涼成)と道でばったり再会してんねな。君子の様子を見にきてんねん。せやけど、青柳商店と君子の今の関係を常子たちが話をすると杉野は驚くねんね。

竹蔵に口止めされていたことだがと言って常子に話てくれるねんね。それは、竹蔵は君子と滝子の仲をなんとかしたいと考えいつも君子や滝子に内緒で手紙を滝子に送っていたというねんね。

内容は、普段のことなどのたわいもないことなのだが、それは竹蔵が亡くなるまでずっと続いてたというねんね。ととの想いを知った常子は、滝子のもとに走るねん。強引にあわせてもらい、もう一度だけ君子に会ってほしいとお願いするねんね。

そこで、滝子と隈井のやりとりから常子は初めて、君子が常子の自由を守るために青柳商店を出たり、学費の援助を断っていることを知ってんねな。そのことを知って、常子は複雑な想いになんねんな。

それは、滝子と君子はどちらも常子のことを思って対立していることを知ったからやねん。そして、その場で思わずおお泣きしてしまうねんね。そのことが、滝子の心を動かすことになるねん。








常子の活躍で君子と滝子が和解?

滝子は、竹蔵から送られてきた手紙の束を常子に渡して君子に伝言を頼むねんね。その手紙を見た君子は、笑ったり涙したりして竹蔵のことを思い出しててんね。

そして、常子は君子に滝子からの伝言を伝えてんね。滝子は、竹蔵の手紙を15年間見て、君子の生き方を認めるようになった。せやけど、生活に困ってる君子を見てつい自分の考えを押し付けてしまった。

もう一度話す機会が欲しい、もし話す気になったら神社に来てほしいと伝言していてんね。君子は、その伝言を聴いてもう一度だけ滝子と話し合うことを決意するねんね。そして、会いにいくその時です。美子があやまって川に転落してしまってんね。

君子と滝子が助けようとするが、青柳商店の周囲の人に止められます。川には、丸太が並びとても危険な状況だったのです。そこに助けに川に飛び込んだのが常子やってんね。常子は、無事に美子を助けだしたのです。

この時以来、滝子を君子の関係は雪解けのように和解に向かっていくねんね。君子は、これまで通り責任を持って森田屋に住み込みで働くねんね。せやけど、頑なに断っていた学費の援助は受けることにしてんね。

この援助には、竹蔵への感謝の気持ちもこめられていることから君子は素直に学費の援助を受け入れることにしてんねな。そのことで、ようやく小橋家の生活が安定し始めたねんね。とと姉ちゃんの6週のネタバレはここまで。とと姉ちゃんの7週のネタバレにつづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん第7週のネタバレ・感想!!

とと姉ちゃん第5週のネタバレ・感想!!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

原作の「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪