なつぞら第62話あらすじ「亀山蘭子」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第62話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第62話のタイトルは「亀山蘭子」です。

なつぞら第61話のあらすじで、照男(清原翔)が新婚旅行ついでに、なつ(広瀬すず)のところを訪れました。そこに、咲太郎(岡田将生)も帰ってきました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第62話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、62話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「亀山蘭子」です。

ウッチャン

なつぞら第62話のあらすじ

咲太郎が帰ってきて、なつの二人の兄がぎこちない挨拶を交わします。

亜矢美

そんなところに突っ立ってないで、おでんでも食べなさいよ。
結婚祝いにおでんってのは、どうなんだい。

咲太郎

亜矢美

じゃあ、寿司でもとるかい。
いいんです。

照男

砂良

ご飯は、ラーメン上野で食べてきましたから。
俺なら、ラーメンなんて食わせないね。

咲太郎

咲太郎の言葉に、慌てた「なつ」はすぐさま話を変えました。

なつ

砂良さんキレイでしょ?
ああ、うちの劇団に欲しいぐらいだ。

咲太郎

照男

お兄さん、演劇やってるんですか?
ああ、今はあのポスターの。

咲太郎

砂良

なっちゃんも昔、やってたんだわ。
それなら、今の仕事がうまくいかなかったら劇団に入ったら?

亜矢美

咲太郎

やるか?なつ
私は、アニメーターになるって覚悟決めてるんだから。演劇もアニメーターの仕事に役立ってるし。

なつ

そのあと照男と砂良は、なつの部屋に案内されます。動画用紙が山積みになっているのを見て、照男は感心します。

照男

ちゃんと、頑張ってるな。
柴田のお義母さんになにか伝えることある?心配なんだわ。なっちゃんのこと。

砂良

砂良

柴田のお義母さんは、自分やお父さんには手紙書かなくてもいいけど、じいちゃんには手紙書くように伝えて欲しいって。でも、いいよね。お母さんって。
私は大丈夫って伝えてください。好きな仕事を頑張って、夢をかなえるから。

なつ

照男

亜矢美さんとも、うまくいってるみたいだしね。
うまくいっているというより、助けてもらってる。

なつ

砂良

家族が増えるみたいで、いいわね。
でも、一人大事な家族に、まだ会えていないの。

なつ

千遥がどこにいるのか、なつは今もわからないので寂しく思っていたのです。照男たちは、もう少し新婚旅行を満喫していくという。

照男

北海道じゃ、みんな待っているからな。つらい時は、甘えに帰ってこい。遠慮するでねえぞ。それは、みんな一番寂しがるからな。

そういって、照男たちは川村屋を後にしました。それからしばらくして、咲太郎の劇団の舞台「人形の家」がスタートしました。なつは、雪次郎(山田裕貴)と一緒に見にいきました。

 

ストーリーは、夫に人形のように扱われる女性の話でした。演劇を見た二人は、感動して興奮していました。

なつ

お兄ちゃん、すごくよかった。
俺は、見ている間ずっと体が熱かったです。

雪次郎

咲太郎

風邪でも引いたのか?
そういうんじゃなくて、、、

雪次郎

咲太郎

わかってるよ。俺たち裏方が見て、いい芝居は本当にいいものなんだ。
亀山蘭子さんって女優さんは本当にすごかった。

なつ

蘭子は、主演の女優でした。咲太郎は、なつと雪次郎を蘭子に紹介しました。

咲太郎

これ、俺の妹なんです。
どうでしたか?

蘭子

なつ

すごく良かったです。なんか・・・すごかったです。
お前、良かったと凄かったしか言ってないぞ。

咲太郎

なつ

他に、言葉が浮かばなくて。絵に描きたいって思いました。
なつは、漫画を描いているんです。

咲太郎

なつ

漫画じゃなくて、漫画映画だから。まだ、描いていないし。でも、この感動は描けない。それぐらいすごい演技でした。
それからこっちは、なつと同じ農業高校に通っていた友達で演劇をやってた奴です。

咲太郎

雪次郎

本物は、普通なんだと思いました。

そういって、言葉足らずの雪次郎に咲太郎は冷や冷やしました。

普通というのは、普通の人がそこにいるというか・・・アマチュアっぽいというか。

雪次郎

咲太郎

お前、失礼だろ。
いえ、伝える力がプロなんだって。本物の女優だって思いました。

雪次郎

蘭子

あなた、今なにしてらっしゃるの?
新宿のお菓子屋・川村屋で修業をしています。

雪次郎

なつ

雪次郎くんは、帯広でお菓子屋さんをしているんです。でも、お菓子と同じぐらいお芝居も好きなんです。
それでよく、お芝居をやめられたわね。

蘭子

雪次郎

今日は、どうもありがとうございました。

そういって、雪次郎は蘭子の前を後にしました。この出会いは、これで終わりません。しかし、それは後々の話です。なつぞら62話のあらすじはここまで。なつぞら63話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第63話あらすじ「逮捕するからね。」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら61話あらすじ「照男がやってきた」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)