MENU

なつぞら第68話あらすじ「心を閉ざすなつ」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第68話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第68話のタイトルは「心を閉ざすなつ」です。

なつぞら第67話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は千遥が売り飛ばされた事実を知ります。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第68話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、68話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「心を閉ざすなつ」です。

ウッチャン

なつぞら第68話のあらすじ

風車に帰った、なつと咲太郎は千遥の話をします。

咲太郎

なつ、お前のせいじゃないんだから元気だせ。
兄ちゃんは悲しくないの?悔しくないの?

なつ

咲太郎

俺だって悔しいよ。辛いよ。一緒に養護施設に連れていってればって思うし、守ってくれなかった叔父さんにぶん殴ってやろうと思ったよ。でも・・・
千遥がどんな辛いおもいしてたのか。それを考えると・・・私は自分だけ夢を追っていいのかな。私だけ幸せになって。

なつ

咲太郎

なつ、お前は千遥のためにも漫画映画を作れ。

なつは、咲太郎や亜矢美がいくら励ましても心が晴れませんでした。そして、部屋に閉じこもってしまいます。翌日、仕事の時間になっても・・・なつは起きれませんでした。

遅れるよ。

亜矢美

亜矢美に起こしてもらった、なつでしたが結局間に合わすその日は遅刻してしまいます。遅れて出勤した会社では、仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)らによるキャラクター検討会が行われていました。

下山

なっちゃんは、どんなもの描いてきたの?見せて。

なつは、富士子(松嶋菜々子)をモデルにした常盤御前を出します。しかし、この常盤御前に対して麻子(貫地谷しほり)が反発します。

なに、これ?

麻子

なつは、プロとしての絵に達していないと麻子は激怒したのです。なつぞら68話のあらすじはここまで。なつぞら69話のあらすじにつづく

 

あなたにおススメのページ

なつぞら第69話あらすじ「なつVS麻子」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第67話あらすじ「衝撃の事実」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)