なつぞら第61話あらすじ「照男がやってきた」感想

ウッチャン
このページは、朝ドラ「なつぞら」の第61話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第61話のタイトルは「照男がやってきた」です。

ウッチャン
なつぞら第60話のあらすじで、なつ(広瀬すず)作画課の試験に不合格になりました。そして、天陽(吉沢亮)は、なつの絵を描いていました。

なつ
その続きとなるなつぞら第61話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、61話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

ウッチャン
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「照男がやってきた」です。

なつぞら第61話のあらすじ

東洋動画で制作していた「白蛇姫」の作画がようやく完成しました。仕上げ課は、残業続きで最終的には作画課のメンバーも手伝ってくれる総出の仕事でした。あとは、声や音楽を入れていくだけで作品の完成です。

なつは、作品が完成したことの達成感で「風車」に帰ったら、客席には2人がいました。

なつ
照男兄ちゃん。砂良さん結婚おめでとう。結婚式行けなくてごめんね。仕事が一番忙しい時で。

照男(清原翔)が紗良(北乃きい)にプロポーズした結果、2人は結婚したのです。その2人が新婚旅行がてらに、なつのところに寄ったのです。

照男
いいんだ。俺らから会いに行くって言ってたし、畑で忙しくなる前に急いで結婚式をしたからな。

なつ
冬まで、待てなかったの?

照男
ああ、全は急げってことだ。

なつ
逃げられるのが怖かっただけでしょ。

照男
それもあるけど・・・って、うるさい。

亜矢美
じゃあ、今日は店閉めちゃおう。

亜矢美(山口智子)の配慮で、照男(清原翔)、砂良(北乃きい)と、なつはしっかりと話ができました。

照男
なつが雪の中で倒れて知り合ったべ。だから、なつの恩返しだってみんなで盛り上がってたんだべさ。

砂良
それは、そうとお土産、お土産。

照男は、泰樹(草刈正雄)から渡されたものを、なつに渡します。

照男
じいちゃんがこれもってけって。出発する前に、3人で作ったんだ。

それは、泰樹と照男と砂良の3人で一緒に作ったバターでした。

泰樹
なつに渡してやってほしい。なつの夢を砂良さんが受け継いでくれたと思って、なつがほっとする。このバターを懐かしく思うべ。

なつは目をつぶって、そのバターのにおいをかぎました。そして、天陽(吉沢亮)からの「じゃがいも」も照男が渡してくれます。

なつ
天陽くんに、また手紙書いておくわ。
亜矢美
天陽君って誰?
砂良
なっちゃんの恋人です。
亜矢美
いたんだあ。
なつ
そんなんじゃないですってば。
亜矢美
わかりやす。
なつ
本当に、天陽くんは私の目標です。
亜矢美
結婚が目標ね。
なつ
違います。仕事で目標に・・・って、それも違うか。

顔が真っ赤になる、なつを見て砂良が助け船をだします。

砂良
話、変えようか。

砂良は、そういって弥市郎(中原丈雄)から預かってきた小ぶりの彫刻を出します。

なつ
出た。熊の木彫り

亜矢美
こっちも出た。

そのタイミングで、咲太郎(岡田将生)も帰ってきます。咲太郎が帰ってきて、なつの二人の兄がぎこちない挨拶を交わします。

亜矢美
そんなところに突っ立ってないで、おでんでも食べなさいよ。
咲太郎
結婚祝いにおでんってのは、どうなんだい。
亜矢美
じゃあ、寿司でもとるかい。
照男
いいんです。
砂良
ご飯は、ラーメン上野で食べてきましたから。
咲太郎
俺なら、ラーメンなんて食わせないね。

咲太郎の言葉に、慌てた「なつ」はすぐさま話を変えました。

なつ
砂良さんキレイでしょ?
咲太郎
ああ、うちの劇団に欲しいぐらいだ。
照男
お兄さん、演劇やってるんですか?
咲太郎
ああ、今はあのポスターの。
砂良
なっちゃんも昔、やってたんだわ。
亜矢美
それなら、今の仕事がうまくいかなかったら劇団に入ったら?
咲太郎
やるか?なつ
なつ
私は、アニメーターになるって覚悟決めてるんだから。演劇もアニメーターの仕事に役立ってるし。

そのあと照男と砂良は、なつの部屋に案内されます。動画用紙が山積みになっているのを見て、照男は感心します。

照男
ちゃんと、頑張ってるな。
砂良
柴田のお義母さんになにか伝えることある?心配なんだわ。なっちゃんのこと。
砂良
柴田のお義母さんは、自分やお父さんには手紙書かなくてもいいけど、じいちゃんには手紙書くように伝えて欲しいって。でも、いいよね。お母さんって。
なつ
私は大丈夫って伝えてください。好きな仕事を頑張って、夢をかなえるから。
照男
亜矢美さんとも、うまくいってるみたいだしね。
なつ
うまくいっているというより、助けてもらってる。
砂良
家族が増えるみたいで、いいわね。
なつ
でも、一人大事な家族に、まだ会えていないの。

千遥がどこにいるのか、なつは今もわからないので寂しく思っていたのです。照男たちは、もう少し新婚旅行を満喫していくという。

照男
北海道じゃ、みんな待っているからな。つらい時は、甘えに帰ってこい。遠慮するでねえぞ。それは、みんな一番寂しがるからな。

そういって、照男たちは川村屋を後にしました。なつぞら61話のあらすじはここまで。なつぞら62話のあらすじにつづく。

なつぞら第61話のあらすじ

なつぞら61話のあらすじでは、照男と砂良がやってきましたね。なんと咲太郎と照男の関係がなんとなくぎこちないように感じました。なつにとっては、二人ともお兄ちゃんですからね。

 

なつにとっては、お兄ちゃんでいいんですけど・・・咲太郎と照男にとっては、もう一人のお兄ちゃんってなるので、なんとも言えない気持ちになりますね。

 

でも、なつは結婚式に参加していないってのはどうなのかな。どんなに忙しくても家族だと思っているなら行かないとアカンやろって思ってしまいました。

 

しかし、照男が嬉しそうなこと。嬉しそうなこと。完全に、照男が砂良のことを好きになっている感じですよね。ちょっと、富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)の関係に似ているように思いました。

 

あと泰樹は相変わらず、なつに優しいですね。バターをもっていけば安心するってのは、本当にそうですよね。天陽からのジャガイモも良かったですね。

 

でも、照男と咲太郎が険悪な感じにならずに良かったですね。案外、ウマがあう感じでした。照男が礼儀正しいから余計にうまくいった感じ。

 

あと、なつは手紙をみんなに書いていたのは、とても良かったです。なんか、ほっこりしました。なつぞら61話の感想はここまで。なつぞら62話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第62話あらすじ「亀山蘭子」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら60話あらすじ「ここで生きてく」感想



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)