なつぞら第102話あらすじ「テレビアニメ放送」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第102話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第102話のタイトルは「テレビアニメ放送」です。

なつぞら第101話のあらすじで、雪次郎(山田裕貴)が蘭子(鈴木杏樹)に告白しますが二度と顔を見せないように言われてしまいます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第102話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、102話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「テレビアニメ放送」です。

ウッチャン

なつぞら第102話のあらすじ

なつ(広瀬すず)たち若手で制作していたテレビ漫画「百獣の王子サム」の放送が開始されます。なつは、亜矢美(山口智子)や咲太郎(岡田将生)と一緒に見ていました。

 

十勝でも、柴田家がみんなで「百獣の王子サム」を見ていました。富士子から電話がかかってきます。

富士子

なつ、見たさ。なつの名前も載ってたさ。じいちゃんも見てたさ。時間があったら、帰っておいでね。
なして、電話切るべさ。

剛男

そのころ、テレビアニメの制作で坂場(中川大志)と制作サイドが口論になることが増えていました。そんな中、なつは工夫をしながら作品の中心になっていました。

大丈夫です。私がなんとかしますから。

なつ

そういって、新しい手法を提案して制作陣の活路がみいだされていきます。そして、そのころ雪次郎(山田裕貴)が実家の雪月に帰っていました。

雪次郎

ただいま。
正月帰るには、まだ早いんじゃないかな。

雪之助

雪次郎

クリスマスケーキには間に合うと思って。

雪次郎は、菓子屋に戻ると決意したのです。

雪次郎

中途半端な俺を鍛えなおしてくれ。父さんの元でもう一度やってみたくなったんだ。
本気か。逃げてきたんじゃねえべな?

雪之助

雪次郎

捨ててきた。

その後、雪次郎は天陽(吉沢亮)のところに行って話します。

雪次郎

俺は結局、なっちゃんには追い付けなかった。
人生は競争じゃないべ。おかえり。雪次郎。

天陽

そのころ風車では、雪次郎の話をしていました。

蘭子

そう。北海道に帰ったの。別に本気でやめろって言ってなかったのに。
彼は、それもわかった上で

亜矢美

雪次郎君は気づいたそうです。俺は開拓者になるなら、演劇でなくお菓子だって。

なつ

咲太郎

俺はちょっと残念だけどな。

なつぞら102話のあらすじはここまで。なつぞら103話のあらすじにつづく。

なつぞら第102話の感想

なつぞら102話のあらすじでは、なつがかかわっている作品のテレビ放送が開始されましたね。そして、雪次郎は実家に帰って菓子職人になる決断をしました。

 

雪次郎は、結局、俳優ではなく菓子職人の道を選択しました。個人的には、もっとやりきってほしかったなあって気持ちはありますがこれも人生です。

 

逆に、亀山蘭子と一緒の舞台にたてたことが雪次郎の誇りになると思います。自分が一生懸命やってきた証っていうのかな。そういう作品が残せたことで後悔なく別の道に行けた。

 

そんな気がしました。雪月でお菓子を作るのを楽しみにしたいと思います。そして、なつの会社は坂場がうまく折り合いをつけた仕事をすることができていませんね。

 

なつが上手にやっていってるけど、坂場の頑固さがテレビにはうまく作用していないんだと思います。今は、なつが中心となって作っているのでいいですが、なつが抜けたら大変そう。

 

坂場は、漫画映画の方に戻りたいんでしょうけど、テレビで結果を出した後に戻るべきだなって思いました。いずれにしても、テレビ漫画つくることも演出家としては成長するでしょうから。

 

テレビ漫画で成長できてるからこそ、よりよい漫画映画も作れるんじゃないかと思います。腐らずに頑張ってほしいな。なつぞら102話の感想はここまで。なつぞら103話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第103話あらすじ「新年会」

坂場一久モデルの高畑勲はアニメ界の大御所?

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)