なつぞら第104話あらすじ「プロポーズ」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第104話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第104話のタイトルは「プロポーズ」です。

なつぞら第103話のあらすじで東洋動画は、新年会が行われました。なつ(広瀬すず)たちに坂場(中川大志)は愚痴をこぼしました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第104話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、104話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「プロポーズ」です。

ウッチャン

なつぞら第104話のあらすじ

なつたちが風車に集まった中で、亜矢美(山口智子)の恋愛の話になります。亜矢美が結婚しようとしていた相手は、戦争で死んでしまします。そんな亜矢美を救ったのは咲太郎(岡田将生)だったのです。

 

そのころ、なつたちのテレビ漫画「百獣の王子サム」が大ヒットして、ますます忙しくなっていました。そんな最中、なつが驚く出来事がありました。

下山

いちかばちかで告白したらOKいただきました。
そりゃあないよ、茜ちゃん。最後に僕と踊ってください。

神地

2人が踊る姿を下山がスケッチします。そして、東洋動画では新作長編映画が作られることが決定しました。

井戸原

君に作画監督をしてほしいんだ。演出を誰がするかなどを選んでほしんだ。

作画監督に下山が選出されます。

坂場一久さんを指名します。

下山

下山は演出に坂場(中川大志)を指名します。

 

そして坂場は、なつに言いました。

坂場

あなたにも制作チームに入ってほしい。
いいんですか?

なつ

坂場

はい。そして、この映画が成功したら僕と結婚してください。

なつは、坂場から少し変わったプロポーズを受けたのでした。なつぞら104話のあらすじはここまで。なつぞら105話のあらすじにつづく。

なつぞら第104話の感想

なつぞら104話のあらすじでは、なつが坂場からプロポーズを受けるという内容でした。また、茜と下山が結婚というストーリーでもありました。

 

しかし、下山と茜は驚きましたね。茜は、てっきり神地だと思っていたんですけど、まさか下山と結婚するなんてびっくりです。なぜ、神地が茜と踊ったのかはよくわからなかったですけどね。

 

でも、坂場はやっぱり「なつ」のことを好きだったんですね。なんか、そういうそぶりを見せずにいきなりプロポーズってすごすぎです。付き合ってみたいな期間をすっとばすあたりが、坂場らしいなって思いました。

 

なつがどんな回答をするのかというのが気になります。普通だったら、いきなり結婚は・・・ってなると思うのですが、なつもちょっと変わっていますから。

 

でも、坂場は良かったですね。ずっと希望していた長編映画の制作にかかわることができるようになったので、希望がかなった。あとは、どんな作品に仕上げれるか。

 

満足の作品に仕上がるのか、プロポーズとあわせて楽しみです。なつぞら104話の感想はここまで。なつぞら105話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第105話あらすじ「対立」

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

坂場一久モデルの高畑勲はアニメ界の大御所?

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)