なつぞら第112話あらすじ「握手」感想

ウッチャン
このページは、朝ドラ「なつぞら」の第112話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第112話のタイトルは「握手」です。

ウッチャン
なつぞら第111話のあらすじで、農協が工場をつくろうとしたのを国にストップがかけられていましたが、その問題は無事解決しました。

なつ
その続きとなるなつぞら第112話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、112話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

ウッチャン
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「握手」です。

なつぞら第112話のあらすじ

工場建設の話が無事にまとまりました。その帰りになつは、信哉(工藤阿須加)と話をします。

ノブさん
なっちゃん、結婚おめでとう。
なつ
ノブさんありがとう。
ノブさん
俺も去年結婚したんだ。
なつ
ノブさんもおめでとう。どんな人?
ノブさん
同じ放送局で働く、アナウンサーなんだ

お互いがお互いの結婚を祝福するのでした。その後、一久はなつが北海道でどのようにすごしたか知り、それが絵の原動力になっていることに気づきました。

一久さん
君がなんで、あんな絵が描けるのかわかったよ。
なつ
どういうこと?
一久さん
たくさんの人に愛をそれを返している。俺も、もう一度漫画映画を作りたい。だからすぐに就職せずにその道に進もうと思う。君に苦労かけるかもしれないがいいかな。
なつ
いいに決まってるでしょ。

そう言って、2人は抱き合いました。なつたちは、工場建設の話がテレビで放送されました。放送には、ノブさんの結婚相手がナレーションをしていました。そこに剛男(藤木直人)と夕見子(福地桃子)が帰ってきました。

泰樹
どうなった?
剛男
話は無事にまとまりました。これから大変だけど。
夕見子
あと、組合長が入院した。あの人は、入院でもしないと休まないからさ。それで、組合長がなつに会いたいって。
なつ
えっ?

その後、なつは田辺が入院している病院に呼ばれて「たんぽぽバター」の商標を作ることをお願いされます。

田辺
なつさん、よろしく頼むよ。

そのころ、雪月でも新しい挑戦がされていました。雪月に雪次郎(山田裕貴)にみんなが呼ばれて集合します。

雪次郎
これが俺の新しい魂だ。

そう言って、雪次郎が考えた新商品をもってきました。なつぞら112話のあらすじはここまで。なつぞら113話のあらすじにつづく。

なつぞら第112話の感想

なつぞら112話のあらすじでは、なつは田辺に「たんぽぽバター」の商標をお願いされました。それをなつは引き受けました。

しかし、ノブさんも結婚していたんですね。突然で驚きました。なんか、北海道に追いやられてあまり出てなかったので寂しいなって思ってたんですけど、こんな形で登場するとは。

 

坂場が、「なつのことをすごいって」言ったのは本心なんだろうって思いました。なつの力は、北海道での出会いから来てる。それは、間違いないなって。

なつは、本当に恵まれてます。出会いに。そして、坂場にももう一度漫画映画をやってほしいなって思いました。なつ以上に、坂場はそこに熱い想いをもっているから。

 

なつと坂場が結婚するって、本当に思ったのは今回が初めてでした。どこかよそよそしいところがあったんですけど、今日の放送で接近したなあって感じました。

そして、雪次郎が新しいお菓子をつくってみんなに披露しようとしているのは楽しみです。美味しければいいですが・・・天陽がいたのにはビビりました。なつぞら112話の感想はここまで。なつぞら113話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

なつぞら第113話「雪次郎と夕見子が結婚」

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です