なつぞら第114話あらすじ「結婚式」感想

[say name=”ウッチャン” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/03/内村光良.jpg”]このページは、朝ドラ「なつぞら」の第114話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第114話のタイトルは「結婚式」です。[/say]

[say name=”ウッチャン” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/03/内村光良.jpg” from=”right”]なつぞら第113話のあらすじで、雪次郎(山田裕貴)と夕見子(福地桃子)が結婚することになります。[/say]

[say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]その続きとなるなつぞら第114話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、114話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。[/say]

[say name=”ウッチャン” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/03/内村光良.jpg” from=”right”]「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「結婚式」です。[/say]

なつぞら第114話のあらすじ

なつは絵を描いていました。そこに、富士子(松嶋菜々子)がやってきます。

[say name=”富士子” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/松嶋菜々子.jpg” from=”right”]なつ、何してるの?[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]ユミの力になれたらと思って。[/say] [say name=”富士子” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/松嶋菜々子.jpg” from=”right”]私もなつの力になれたらと思ってこれを作ったの。[/say]

富士子は料理のレシピをなつに渡しました。

[say name=”富士子” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/松嶋菜々子.jpg”]なつは、小さいころからよく手伝ってくれたから、だいたいの作り方をわかってると思うけど忘れないでいてくれたら嬉しいと思って。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg” from=”right”]これがあったら、忘れない。ユミにもこれを[/say] [say name=”富士子” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/松嶋菜々子.jpg”]あの子には、書いたものぐらいじゃダメさ。教えるなら一から教えないと。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg” from=”right”]母さん、私がここに来たことは奇跡だと思ってる?[/say] [say name=”富士子” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/松嶋菜々子.jpg”]奇跡でしょ。そうじゃなきゃ、亡くなられたご両親に申し訳ないでしょ。結婚しても辛いことがあれば、我慢せず帰ってきなさいね。あんたは、本当に我慢強いんだから。なつが生まれてくれて本当に良かったわ。[/say]

そういって、なつと富士子は抱き合います。その後、なつは田辺(宇梶剛士)に頼まれていた「たんぽぽバター」の商標のデザインを渡します。

 

なつと一久(中川大志)は一緒に、天陽(吉沢亮)のところに行きました。

[say name=”一久さん” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/04/中川大志1.jpg”]天陽さんにとって絵を描くことと畑仕事はなんですか?[/say] [say name=”天陽” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/04/吉沢亮.jpg” from=”right”]畑仕事は生きるために、絵は排泄かな。我慢できなくなると漏らしてしまうでしょ。そういうものですよ。絵は。[/say] [say name=”一久さん” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/04/中川大志1.jpg”]なるほど、芸術的なことを意識していないところに、あなたの絵のすばらしさがあるんですね。[/say] [say name=”天陽” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/04/吉沢亮.jpg” from=”right”]絵の価値なんて伝わらないですから。でも、純粋に人から褒められればうれしいし、けなされたら悲しい。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]そうやって、純粋に生きられればいいですね。[/say] [say name=”天陽” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/04/吉沢亮.jpg” from=”right”]どうか、なっちゃんのことをよろしくお願いします。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]天陽くんはやっぱり、私の一番の目標です。[/say]

そして、なつは天国のお父さんとお母さんにお礼を言います。そして、なつは坂場の両親に会い一緒に食事をします。坂場の父・一直(関根勉)は考古学者でその話になると熱中して話します。

 

なつは、自分の生い立ちについて一直とサト(藤田三保子)に説明しました。しかし坂場の両親は、なつのそんな生い立ちを気にすることはなく受け入れてくれました。

 

そして昭和42年春、なつと坂場は結婚式をあげます。結婚式は、十勝で夕見子と雪次郎と合同で行いました。白無垢姿のなつは・・・牛舎で泰樹(草刈正雄)で挨拶します。

[say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]じいちゃん[/say] [say name=”泰樹” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/草刈正雄.jpg” from=”right”]そったら、かっこうでここに来るな。よごれるぞ。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]じいちゃん、長い間お世話になりました。[/say] [say name=”泰樹” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/草刈正雄.jpg” from=”right”]ありがとうな。[/say] [say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]ありがとうはおかしいべさ。育ててくれたじいちゃんが。[/say] [say name=”泰樹” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/草刈正雄.jpg” from=”right”]わしも、お前に育ててもらった。たくさん。ありがとう。ありがとう、なつ。[/say]

そう言って泰樹は、涙を流します。

[say name=”なつ” img=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/02/広瀬すず.jpg”]じいちゃん、本当にどうもありがとうございました。[/say]

なつと坂場、夕見子と雪次郎はたくさんの人に祝福され結婚式を盛大に行ったのでした。なつぞら114話のあらすじはここまで。なつぞら115話のあらすじにつづく。

なつぞら第114話の感想

なつぞら114話のあらすじで、なつと夕見子の共同の結婚式が行われましたね。オープニングの歌はないし、まるで最終回?って思いました。泰樹の涙に、私も思わず泣いてしまいました。

泰樹と、なつは普通の孫とおじいちゃんって関係じゃないんですよね。泰樹は、自分の子供以上になつのことを大切にしてきた。

 

だから、なつが嫁に行くことに涙しました。私は、そんな泰樹をみて嬉しかったし大泣きしてしまいました。なつぞらの中で一番のシーンだったと思います。

北海道編の幼少期以来の感動でした。オープニングの歌がなく、最終回のような演出もすごくよかったです。まさか、泰樹があんなに大泣きするとは思いませんでした。

 

不器用だけど、どこまでもかっこいい泰樹。泣くところさえもかっこよかったです。あと、坂場が天陽に絵はなにか聞いていました。相変わらず哲学的な質問です。

天陽も哲学的なところもあるので、坂場が納得する回答でした。天陽が坂場に「なっちゃんをよろしくお願いいたします。」と頭に下げたところも少し感動しました。

 

なつは、いろんな人との出会いに恵まれて・・・幸せな結婚することになりました。柴田家は本当の家族じゃないけど、本当の家族以上に素晴らしいなって思いました。なつぞら114話の感想はここまで。なつぞら115話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第115話あらすじ「立退き」

なつぞら第20週ネタバレ「緑の森が我が家」

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)