なつぞら第80話あらすじ「風車からの電話」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第80話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第80話のタイトルは「風車からの電話」です。

なつぞら第79話のあらすじで、北海道の富士子(松嶋菜々子)から千遥(清原果耶)がやってきたことを電話で聞きます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第80話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、80話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「風車からの電話」です。

ウッチャン

なつぞら第80話のあらすじ

富士子

千遥ちゃんには内緒で電話してるんだわ。なんか事情があるみたい。
すぐいく。千遥は母さんから見てどんな風に見える?

なつ

富士子

私には、幸せそうないいお嬢さんに見えた。帰れるなら急いで帰っておいで。
母さん、千遥をお願い。

なつ

なつは、電話を切って会社を早退して休みを申し出ます。

千遥

突然、来て申し訳ありませんでした。そろそろ帰ります。

なつは、風車に帰って咲太郎(岡田将生)に千遥の話をして十勝に電話をかけます。

なつか?

泰樹

なつ

千遥は今、そこにいるの?
すぐかわる。

泰樹

なつ

もしもし千遥?千遥?お姉ちゃんだよ。
お姉ちゃん。ご心配おかけしてすみませんでした。

千遥

電話をとった咲太郎が

咲太郎

もしもし、兄ちゃんだよ。あんな家に預けて悪かった。今からそっち行くからな。待ってろ。
兄ちゃん?

千遥

・・・千遥は電話を切ってしまいます。

千遥

私、昔のことを覚えていないんです。でも、電話で声を聞いて姉だと兄だとすぐに思いました。

そして、千遥から風車に電話をかけます。

もしもし、千遥?

なつ

千遥

先ほどは、すみませんでした。
千遥。お願いだから、そこで待ってて。今から行くから。千遥、会いたい。

なつ

千遥

私も会いたいです。

千遥は、なつの会いたいという気持ちをうけ待つことにしました。なつぞら80話のあらすじはここまで。なつぞら81話のあらすじにつづく。

なつぞら第80話の感想

なつぞら80話のあらすじで、なつと千遥が電話をするというストーリーでしたね。すごく感動的な内容でしたね。会いたくないって言ったのが、会いたいに変わったのは、なんでだろう?

 

そんなことを感じました。あと、やっぱり千遥はどこか闇を抱えているような気がするんですよね。敬語で話すし、電話をいきなり切るし。

 

それでも、会いたいって気持ちはもっている。でも、帰ろうとしたっていう事実もありました。なんなんだろう。すっごく気になりました。

 

でも、子供の頃にずっと会ってなくて電話で話をするっていう状況はなかなかないので、こうなってしまうのかもしれないのかなって思いました。

 

千遥の闇の部分がなんなのかは気になりますが、なつが来るまでなんとか柴田家にいてほしいなって思います。気持ちが変わらなければいいんですけどね。

 

電話で声を聞いて、兄や姉の声だってわかったというのは血なんでしょうね。自分の心の支えにしていた2人の声。もう一度電話をかけるって言った千遥の勇気は素敵だなって。

 

会えばこれまでの時間のすべが解決するかもしれませんね。明日が楽しみです。なつぞら80話の感想はここまで。なつぞら81話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第81話あらすじ「一緒に酪農」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)