なつぞら第85話あらすじ「夕見子が帰ってきた」感想

ウッチャン
このページは、朝ドラ「なつぞら」の第85話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第85話のタイトルは「夕見子が帰ってきた」です。

ウッチャン
なつぞら第84話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は天陽(吉沢亮)と再会しました。

なつ
その続きとなるなつぞら第85話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、85話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

ウッチャン
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「夕見子が帰ってきた」です。

なつぞら第85話のあらすじ

なつが滞在する柴田家に、夕見子(福地桃子)が帰ってきました。

夕見子
ただいま。
なつ
ユミお帰り。
夕見子
千遥ちゃんは?
なつ
今はもういない。
夕見子
千遥ちゃんは、今何歳?
なつ
18歳?
夕見子
早すぎない?本人が望んでいないまま、周りにおされて結婚するって言ってるんじゃないの?
富士子
もう、かき回さない。

夕見子が柴田家に帰ってきて、食卓はますますにぎやかになります。しかし、夕見子の毒舌ぶりはますます磨きがかかります。夕見子の毒舌ぶりに、富士子も振り回されてしまいます。夕見子は、千遥の絵を見ます。

夕見子
なんだか、あんたが絵描きになるのは必然だったんだね。

その晩、なつと夕見子は久しぶりに一緒に寝ます。その枕元で、なつは童話集を取り出します。

夕見子
なに、その童話。ずいぶん幼いの見てるんだね。
なつ
違うよ。これは、仕事の勉強になるし童話の中から企画考えてるの。
夕見子
あんたら兄弟は、ヘンゼルとグレーテルみたいだよね。
なつ
えっ?ヘンゼルとグレーテル?
夕見子
なつがやるなら、これしかないべ。

そう言って、夕見子はクールに返すのでした。なつは、夕見子のおかげでヒントを得ました。

剛男
咲太郎くん。君らをこうしてしまったのは、僕のせいかもしれません。
咲太郎
そうですよ。だから、感謝しています。
泰樹
咲太郎、今までよく頑張って。これから、胸張って生きろ。

なつは、久しぶりに酪農を手伝います。そして、なつと咲太郎はみんなに挨拶して東京に帰ります。

泰樹
咲太郎、しっかりしろや。
咲太郎
はい。最後に怒られた(笑)

なつぞら85話のあらすじはここまで。なつぞら86話のあらすじにつづく。

なつぞら第85話の感想

なつぞら85話のあらすじで、夕見子が柴田家に戻ってきて「なつ」と話をするというストーリーでした。夕見子のおかげで、「ヘンゼルとグレーテル」についても企画とすることになります。

 

しかし、夕見子はひっかきまわして言いたいことをズケズケと言いますよね。こんだけ、毒舌だと周囲から嫌われてしまいそう。そんぐらい、物事をはっきりといってしまう感じです。

 

それが的を得てるんです。「ヘンゼルとグレーテル」のこともそうだし、妹の結婚のこともそう。本当に幸せなのかってところは、後の前触れだと思います。

 

あと、もう一つ大きな前触れがありました。「漫画映画をつくりたければここで作ればいい」って言った菊介の言葉。今後、なつが北海道に戻ってくるために触れていましたね。

 

今回は、いろんなネタフリの要素が満載の回だったなって。千遥はきっと幸せにならずに、なつの前に現れる。そんな気がします。

 

そして、「ヘンゼルとグレーテル」。最後に、なつが北海道に戻ってくる前触れ。今後のたくさんのヒントをちりばめた内容でした。そうやってみると、楽しくもありました。

 

今回の北海道で、咲太郎は本当にお兄ちゃんらしくなってきたなあっておもいました。なつぞら85話の感想はここまで。なつぞら86話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第86話あらすじ「なつの企画」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらの結婚相手ネタバレ/坂場はウソ情報

なつぞらのモデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)