MENU

なつぞら第69話あらすじ「なつVS麻子」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第69話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第69話のタイトルは「なつVS麻子」です。

なつぞら第68話のあらすじで、なつ(広瀬すず)はワンパク牛若丸のキャラクター検討会に出席します。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第69話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、69話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「なつVS麻子」です。

ウッチャン

なつぞら第69話のあらすじ

わんぱく牛若丸のキャラクターで「なつ」が描いた常盤御前に麻子(貫地谷しほり)が注文をつけます。

麻子

なにこれ?全然ダメじゃない。
どこがダメなんですか?

なつ

麻子

見てわからないの。もうちょっと、いい絵を描くと想っていたのに。
どこがダメかはっきり言ってくださいよ。

なつ

口論がどんどん激化していくので、仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)が自分にも常盤御前を描かせてほしいと提案しました。

 

それからしばらくして、できあがったものを麻子となつにみせました。それを見た「なつ」は自分に足りないものが浮かびあがってきました。

なつ

すみません。自分のダメな点がはっきりわかりました。
別に謝らなくていいから、仕事をきっちりとやって。

麻子

そう言われて、なつはもっともっと漫画映画の勉強をしなければならないと筆を走らせるのでした。なつぞら69話のあらすじはここまで。なつぞら70話のあらすじにつづく。

 

あなたにおススメのページ

なつぞら第70話あらすじ「ポスター」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第68話あらすじ「心を閉ざすなつ」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)