なつぞら第116話あらすじ「咲太郎の結婚」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第116話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第116話のタイトルは「咲太郎の結婚」です。

なつぞら第115話のあらすじで、咲太郎(岡田将生)は、なつ(広瀬すず)にマダム(比嘉愛実)と結婚することを打ち明けられます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第116話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、116話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「咲太郎の結婚」です。

ウッチャン

なつぞら第116話のあらすじ

なつは、驚きましたがマダムが義姉になることを喜びます。なつは仕事終わりに、川村屋に寄ります。

野上

いらっしゃい
マダムいますか?

なつ

マダムに会った、なつは・・・

マダム

こっちが信じられない。私は、もう40歳だから。
そんなの関係ないですよ。嬉しいです。

なつ

咲太郎もやってきました。

なつ

結婚式はいつ?
結婚式はしないよ。

咲太郎

マダム

結婚したら、川村屋の経営から退くから、野上さんに後進を育ててほしいの。

そのころ、亜矢美(山口智子)は店の相談を茂木社長(リリーフランキー)としていました。そこに、咲太郎たちがやってきました。

母ちゃん、今度マダムと結婚しようと思うんだ。

咲太郎

マダム

今度、川村屋のビルを建てるタイミングで、川村屋の経営から退いてサイちゃんの会社を手伝おうと思って。

亜矢美は、めでたいことだと一緒に乾杯します。

咲太郎のことお願いしますね。

亜矢美

家に帰って、なつは一久(中川大志)と亜矢美のこと心配します。

なつ

亜矢美さん、今後どうするんだろ。

そのころ、咲太郎と亜矢美は飲みなおしていました。なつぞら116話のあらすじはここまで。なつぞら117話のあらすじにつづく。

なつぞら第116話の感想

なつぞら116話のあらすじで、咲太郎とマダムが結婚することを亜矢美も知りましたね。でも、亜矢美はその話も驚きませんでしたね。

しかし、マダムも40歳になっていたんですね。見た目が若いので40歳には見えませんでした。なつは、マダムが義理の姉になるのが嬉しかったんだと思います。

 

なつは、しっかりマダムに挨拶に行きましたね。結婚式はしないってのは、咲太郎らしいなって思いました。咲太郎が余計なことを言ったせいで喧嘩っぽくなってしまいました。

マダムが川村屋の経営から退くっていうのは正直、驚きました。まだ40歳だから、全然働けるのに野上に託すっていう決断は凄いなって思いました。

 

咲太郎が亜矢美に報告した際に、亜矢美が「知っていた」って言う感じがなにか強がっているっていうか。ちょっとその態度が気になりました。

なんか、亜矢美の複雑な気持ちが現れていたなあって思いました。今後、亜矢美がどうなるか不安ですね。なつぞら116話の感想はここまで。なつぞら117話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第117話あらすじ「母ちゃんの失踪?」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞら第20週ネタバレ「緑の森が我が家」



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)