なつぞら第129話あらすじ「もういいよ」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第129話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第129話のタイトルは「もういいよ」です。

なつぞら第128話のあらすじで、「優」が熱を出し不安になる「なつ」を見て一久(中川大志)が励まします

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第129話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、129話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「もういいよ」です。

ウッチャン

なつぞら第129話のあらすじ

なつが作画監督をつとめた「キックジャガー」は大ヒットしていました。もう少しで、最終回のみという状況になりました。そのころ、優は4歳になり保育園に通うようになっていました。

 

なつは、最終回にむけて物語をどのようにエンディングに向かわせていけばいいのか悩んでいました。街では、子供たちが覆面をかぶって「キックジャガー」の真似をしています。

 

その光景を見たあとに、キックジャガーの制作チームと話あい終わらせ方を検討しますがまとまりません。悩んだ、なつは優に聞いてみます。

なつ

ボロボロになったキックジャガーに優なら、どんな言葉をかける?

優は、「えっと・・・もういいよ。」って言ってあげる。

そうね。もういいよね。もう戦わなくていいよね。そだね。やさしいね、優は。

なつ

なつは、そこから考えはじめました。なつは、優の言葉を聞いてエンディングを思いついたのです。なつぞら129話のあらすじはここまで。なつぞら130話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第130話あらすじ「作画監督を辞めたい」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)