なつぞら第130話あらすじ「作画監督を辞めたい」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第130話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第130話のタイトルは「作画監督を辞めたい」です。

なつぞら第129話のあらすじで、なつは「優」からヒントを得て、キックジャガーのエンディングを考えることができました

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第130話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、130話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「作画監督を辞めたい」です。

ウッチャン

なつぞら第130話のあらすじ

キックジャガーの放送が終了して、なつは一段落ついていました。そのころです。茜(渡辺麻友)の妊娠が発覚して、優が夜すごす場所を考えなければいけません。

昼間こそ保育園に通っていますが仕事をするとなると、そうは簡単には帰れない立場になっているからです。そして、なつは密かに考えていました。

なつ

次は作画監督ではなく、原画に戻りたいなあ。

そんな、なつの気持ちとは裏腹に山川社長から、作画監督をしてほしいとお願いされます。作画監督を担当してくれたら昇給の約束までしてくれました。作品は、「魔界の番長」です。

少し考えさせてください。

なつ

なつは、「魔界の番長」が戦いのシーンがたくさんあって暴力的な作品なので、乗り気ではなかったのです。もう、そういった作品を描きたくない。

 

なつはそんな気持ちになっていました。なつぞら130話のあらすじはここまで。なつぞら131話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第131話あらすじ「アニメーターとして」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)