なつぞら第130話あらすじ「茜さんと一緒にいる」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第130話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第130話のタイトルは「茜さんと一緒にいる」です。

ウッチャン
なつぞら第129話のあらすじで、なつの仕事の絵に、優は絵を描いていました

なつ
その続きとなるなつぞら第130話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、130話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

ウッチャン
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「茜さんと一緒にいる」です。

なつぞら第130話のあらすじ

なつ
優ちゃん、どうしてそんなことするの。ママの大事なものでしょ。

優は、ママの仕事を手伝いたかったのだという。そしたら、ママはゆっくり寝れると思ったのだという。

一久さん
なんだこれ、君が描いたのじゃないか?

優の描いている絵を見て、二人はその才能に感心します。

なつ
優、あんた天才だ。

なつは、優の描いた絵を会社で見せて天才だと言ってまわります。なつが作画監督をつとめた「キックジャガー」は大ヒットしていました。もう少しで、最終回のみという状況になりました。

 

なつは、最終回にむけて物語をどのようにエンディングに向かわせていけばいいのか悩んでいました。キックジャガーの制作チームと話あい終わらせ方を検討しますがまとまりません。悩んだ、なつは優に聞いてみます。

なつ
ボロボロになったキックジャガーに会えたら優なら、どんな言葉をかける?

優は、「えっと・・・もういいよ。」って言ってあげる。

なつ
そうね。もういいよね。もう戦わなくていいよね。そだね。やさしいね、優は。

なつは、そこから考えはじめました。なつは、優の言葉を聞いてエンディングを思いついたのです。

なつ
キックジャガーは、子供たちに会いにいきましょ。負けた後に、子供たちは「もう戦わなくていい」というのです。でも、キックジャガーはその言葉を聞いて、マスクを脱いでリングに上がるんです。それがラストシーンです。

演出やキックジャガーのメンバーは、なつの案に賛成して終わりをそのように決めました。その晩、なつが優を迎えに行くと茜(渡辺麻友)が妊娠していることがわかります。

一久さん
もう、茜さんに預けるわけにはいかないな。

話合ったことを茜に話に行きます。

なつ
なるべく早く、他の預け先を探すようにしますから。
もう、優ちゃんに会えなくなると思うと寂しいな。
なつ
二人目が生まれたらもっとにぎやかになるじゃないですか。

そして、なつが優に帰ろうと声をかけても優は帰ろうとしません。その日は、明の誕生日だから帰らないというのです。優は、茜さんと一緒にいると抱き着いて離れないのでした。なつぞら130話のあらすじはここまで。なつぞら131話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第131話あらすじ「アニメーターとして」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらのモデル一覧はコチラ

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です