なつぞら第133話あらすじ「優が怖がる作品」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第133話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第133話のタイトルは「優が怖がる作品」です。

なつぞら第132話のあらすじで、夕見子(福地桃子)が東京にやってきて、天陽(吉沢亮)が入院していることをなつは知ります。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第133話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、133話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「優が怖がる作品」です。

ウッチャン

なつぞら第133話のあらすじ

昭和48年の夏、なつが作画監督をする「魔界の番長」の放送がスタートします。そのオンエア日に、なつは優と一緒に見ていました。

 

しかし、「魔界の番長」を見ていた優は「怖い」といって別の部屋に逃げていきました。その優の様子を見たなつは・・・

なつ

優に暴力的な作品を見せたいわけではないんだけど・・・自分がその作品を作っている

そんな悩みを常に抱えるようになっていました。そのころ、なつが親しい東洋動画のメンバーはマコプロダクションに移籍していました。モモッチ(伊原六花)や神地(染谷将太)もその中にはいました。

 

家で、そんな話を一久(中川大志)とします。

マコさんが魔界の番長かも。マコさんが東洋動画をつぶすかも。

なつ

一久さん

東洋動画のメンバーは、本当にマコプロダクションに移籍してきてるね。ところで、この話知ってる?

一久は、なつに「大草原の小さな家」という書籍を渡しました。アメリカの開拓者の家族の話です。

君と一緒にこの作品をつくりたいんだ。アニメーションにしたいんだ。

一久さん

なつ

すごくいい作品になりそう。でも、私は東洋動画を辞めたいと思ってないから。

なつは、自分だけは仲(井浦新)を裏切りたくないという気持ちを強くもっていたのです。なつぞら133話のあらすじはここまで。なつぞら134話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第134話あらすじ「天陽の死」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)