MENU

なつぞら第134話あらすじ「天陽の死」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第134話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第134話のタイトルは「天陽の死」です。

なつぞら第133話のあらすじで、なつは一久(中川大志)から一緒に作品を作りたいとお願いされました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第134話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、134話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「天陽の死」です。

ウッチャン

なつぞら第134話のあらすじ

なつがアニメーションとして、帰路にたたされ迷っているころ北海道では天陽(吉沢亮)の病気が悪くなります。一度は退院していたのですが、再び入院をしていました。しかし、天陽は無断で家に帰りました。

タミ

天陽、なにやってるの?
退院が決まったから、書きかけの絵を描きたくなって。

天陽

天陽は、そういって病院を抜け出してきた理由を説明しました。そして、途中だった「馬の絵」を完成させます。その翌日、天陽はじゃがいも畑を見に行きました。

天陽

ちょっと、畑を見てくる。

靖枝(大原櫻子)に言ったきり畑で倒れて帰らぬ人になってしまったのです。天陽がもう退院できるといったのは作り話で、病状は全然よくなっていませんでした。

 

それでも、アトリエの描きかけの絵を完成させたかったのです。なつぞら134話のあらすじはここまで。なつぞら135話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第135話あらすじ「天陽の答え」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)