MENU

なつぞら第135話あらすじ「天陽の答え」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第135話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第135話のタイトルは「天陽の答え」です。

なつぞら第134話のあらすじで、天陽(吉沢亮)がじゃがいも畑で亡くなってしまいます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第135話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、135話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「天陽の答え」です。

ウッチャン

なつぞら第135話のあらすじ

天陽が亡くなった翌月、なつはようやく仕事の休みがとれ優と一緒に北海道に帰ります。なつは、いつものように大歓迎を受けます。疲れて眠る優をよそに、なつは富士子(松嶋菜々子)にポツリとつぶやきます。

なつ

母さん、私仕事辞めるかもしれない。
なして?仕事が楽しくないのかい。

富士子

なつ

自分がアニメーションを作りたいのかわからなくなってきて。

次の日、なつは優をつれて富士子と剛男(藤木直人)と一緒に天陽(吉沢亮)の家を訪れました。仏壇に手を合わせたあとに、なつは天陽のアトリエを見せてもらいました。そこには、天陽の遺作の馬絵の絵がありました。

 

優は、それを見て・・・「本物の馬だ」とよろこびます。なつは、優に問いかけます。

動かないのにどうして、この絵を本物だと思ったの?

なつ

優は、「動かすのは、ママの仕事でしょ」というと、なつは涙をこらえられず泣いてしまいました。そして、なつは天陽の自画像を見つけ会話をしました。

天陽

なっちゃんは、アニメーターを辞めたいの?
天陽くんの答え教えてよ。

なつ

天陽

今は、優ちゃんが答えじゃないのか。絵を動かすのが、なっちゃんの仕事なんだろ?

その言葉に、なつは気持ちが晴れていくのでした。なつぞら135話のあらすじはここまで。なつぞら136話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第136話あらすじ「優が見たい物語」

なつぞら23週ネタバレ「天陽くんにさよならを」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)