MENU

なつぞら第138話あらすじ「なつの退職願」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第138話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第138話のタイトルは「なつの退職願」です。

なつぞら第137のあらすじで、なつは北海道の開拓者の家族のストーリーを描くことを決定します。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第138話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、138話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「なつの退職願」です。

ウッチャン

なつぞら第138話のあらすじ

休み明けに会社に行った「なつ」は、新しい作品を作りたいという決意を仲(井浦新)に打ち明けました。

なつ

仲さんのおかげで、東洋動画に入れてずっと続けてくることができました。それを裏切るようなことをしてすみません。でも、どうしても違う作品を描きたいと思ったんです。
なっちゃん、アニメーターはもう会社にこだわる時代は終わったよ。今後は、作品にこだわって仕事をするべきだ。

仲は、なつの気持ちを受け止めて理解してくれ背中を押してくれたのです。そして、なつは社長の山川に退職願を出します。その噂は、あっとういう間に同僚に広がります。

なつは、「魔界の番長」の作画監督をしていたのですぐに辞めるわけにはいけません。退職願いは9月に出しましたが、退職できたのは3月でした。なつぞら138話のあらすじはここまで。なつぞら139話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第139話あらすじ「東洋動画を退職」

なつぞら24週ネタバレ「未来をこの手に」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)