なつぞら第139話あらすじ「東洋動画を退職」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第139話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第139話のタイトルは「東洋動画を退職」です。

なつぞら第138のあらすじで、なつは北海道の開拓者の家族のストーリーを描くことを決定します。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第139話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、139話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「東洋動画を退職」です。

ウッチャン

なつぞら第139話のあらすじ

昭和49年3月、なつは18年間勤務した「東洋動画」を退職する日がきました。テレビ班の同僚や社長の山川や仲(井浦新)に見送られる形で退職しました。

なっちゃん、別のところでも頑張って。応援しているから。
仲さん、ありがとうございます。

なつ

なつは、いろんな出来事を思い出し涙を流して東洋動画を去りました。しかし、なつは思い出に浸ることもなく翌日からマコプロダクションで働き始めます。

一久(中川大志)の企画「大草原の少女ソラ」は、ゴールデンタイムで半年後から放送されることが決定していました。そのため、マコプロダクションとしても大勝負の作品になります。

作画監督を「なつ」。美術監督には、東洋動画から移籍してきた陽平(犬飼貴丈)が担当することが決まりました。なつぞら139話のあらすじはここまで。なつぞら140話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第140話あらすじ「亜矢美再登場」

なつぞら24週ネタバレ「未来をこの手に」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)