なつぞら第144話あらすじ「千遥との再会」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第144話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第144話のタイトルは「千遥との再会」です。

なつぞら第143のあらすじで、「大草原の少女ソラ」は視聴率こそ低迷していましたが母親から良い評判の手紙が多数届きました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第144話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、144話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「千遥との再会」です。

ウッチャン

なつぞら第144話のあらすじ

マコプロダクションでは、目の回るような忙しさが続いていました。そんなある日のこと、麻子(貫地谷しほり)が「大草原の少女ソラ」のファンという子供に会います。その子を作画室に案内します。

 

その子は、「杉山千夏」と名乗りました。セル画をもらって帰った千夏は、外に駆け出していきました。なつは、杉山千夏という名前を聞いて追いかけました。

千夏が母親の手を引き、歩き出すのを見た「なつ」が思わす声を掛けます。

なつ

千遥?千遥じゃない?

すると、千遥(清原果耶)が「なつ」の方を振り返りました。なつは、「大草原の少女ソラ」が大好きな千夏のおかげで千遥と再会を果たしたのです。なつぞら144話のあらすじはここまで。なつぞら145話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第145話あらすじ「娘がソラのファン」

なつぞら25週ネタバレ「千遥よ、咲太郎よ」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)