なつぞら第150話あらすじ「なつを助けてやれ」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第150話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第150話のタイトルは「なつを助けてやれ」です。

なつぞら第149のあらすじで、千遥(清原果耶)がなつたちに協力を得て無事に離婚することができました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第150話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、150話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「なつを助けてやれ」です。

ウッチャン

なつぞら第150話のあらすじ

剛男(藤木直人)が東京にやってきてから驚きました。なつが寝ないで仕事をしていることを知ったからです。

剛男

なつ、毎日こんなに仕事してたら体壊すそ。
私には、これぐらいしかできないから。

なつ

大草原の少女ソラの放送は、6月に終わるけど優は小学校に上がるため学校後の優がどこで生活するのかという問題もあります。

そんな大変な様子を数日見た剛男は、十勝に帰ってみんなに話します。それを聞いた泰樹(草刈正雄)が富士子(松嶋菜々子)に言います。

泰樹

行って、なつを助けてやれ。

富士子は、なつたちのことを心配して東京にやってきました。なつと優をサポートするために上京したのです。なつぞら150話のあらすじはここまで。なつぞら151話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第151話あらすじ「開拓者に届けたい」

なつぞら最終週ネタバレ「天晴れ、十勝晴れ」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)