なつぞら第74話あらすじ「雪月」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第74話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第74話のタイトルは「雪月」です。

なつぞら第73話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は雪次郎(山田裕貴)に川村屋をやめないように説得しましたが意思は固く止めることができませんでした。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第74話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、74話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「雪月」です。

ウッチャン

なつぞら第74話のあらすじ

雪次郎が川村屋をやめることがわかって数日後、なつは牛若丸の絵で悩んでいました。久ぶりの徹夜をして窓をあけると、とよ(高畑淳子)、雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)がやってきていました。

 

雪之助は、咲太郎の存在が雪次郎に影響があったと思ったのです。

雪之助

なっちゃん、雪次郎知らない?
川村屋に行ったらもういなくて。

とよ

雪之助

川村屋の部屋を勝手に出ていったんだわ。

亜矢美(山口智子)と雪次郎の家族が挨拶をします。

ねえ、お兄ちゃん、雪次郎くんがいなくなったんだって。

なつ

咲太郎

へえ~。そうなんだ。
あなたのいる劇団に入ったんだべ。あなたが誘ったんだ?

雪之助

咲太郎

そんなに悪いことなんすかね。雪次郎が夢を追うことが。

咲太郎は、自分から雪次郎の寝泊まりしていることを白状しました。3人は、雪次郎に会う前に川村屋に行きました。

この度は、申し訳ございませんでした。

雪之助

そういって、雪之助はマダムに土下座をしました。そして、川村屋で働きぶりを聞いた後に雪次郎のもとへ行きます。

雪之助

雪次郎。
雪次郎

妙子

とよ

雪次郎、元気かい?

雪次郎は、咲太郎から3人が来ることを知らされていたので押し入れに隠れていました。なつぞら74話のあらすじはここまで。なつぞら75話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第75話あらすじ「一緒に」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第73話あらすじ「恋の予感」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)