なつぞら第40話あらすじ「本当のこと」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第40話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第40話のタイトルは「本当のこと」です。
「なつぞら」第39話のあらすじで泰樹(草刈正雄)は、なつ(広瀬すず)を心配して雪月に行きました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第40話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、40話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「本当のこと」です。

ウッチャン

なつぞら第40話のあらすじ

雪がたくさん降る中で、泰樹は「雪月」に行きました。泰樹のしょげた顔を見て、とよ(高畑淳子)がからかいます。

とよ

どしたの。ほっちゃれみたいな顔して。
ほっちゃれ?

泰樹

とよ

知らんのかい。川を上ったサケが産卵後にする・・・
そんな話をしに来たわけではない。

泰樹

とよ

なに?あんたが私を頼るなんてよっぽどだべさ。

そして、泰樹は悩みの種である・・・なつのことを相談に来たのです。

雪次郎(山田裕貴)が東京に行くと聞いたんだが、なつの東京に行くから面倒も見てやってくれないか?

泰樹

とよ

あんたは、それでいいんかい?なっちゃんは、孫以上の存在だべさ。寂しくないんかい?
自分で蒔いた種じゃ。わしがなつを裏切ってしまった。無理に照男(清原翔)にくっつけようとして嫌われてしまった。

泰樹

とよ

なっちゃんからしたら、兄妹で結婚しろって言われたみたいで・・・恥ずかしかったんでないかい。
なつの気持ちがよくわかるな。

泰樹

とよ

乙女の気持ちは乙女よ。
誰が乙女じゃ。

泰樹

そして、泰樹はなつのことを雪之助(安田顕)にお願いしました。一方、なつは彫刻する弥市郎(中原丈雄)の絵を見て描き直していました。そこで、天陽の言葉を思い出していました。

天陽

なっちゃんは、自分の信じたことをやればいい。
ああっ

なつ

思わず声を上げてしまった、なつに夕見子(福地桃子)がびっくりします。

なつ

ユミ、私ばバカだ。
知ってる。

夕見子

そのころ、天陽もモヤモヤした気持ちになっていました。そこに、照男が訪ねてきました。

照男

お前、なつが東京に行ってもいいのか?

照男は、天陽になつを任せるつもりでした。だから、天陽のふがいなさに腹を立てていました。

俺にどうすることができますか?

天陽

照男

どうしたいんだ?
俺は、なっちゃんはいつか、この土地からいなくなると思ってたんです。自然には逆らえないでしょ。

天陽

照男

だったら諦めるのか?
俺は、ここで生きると決めたから。子供の頃に、なっちゃんのおかげで。だから、なっちゃんの決意を守ります。例え柴田家と戦うことになっても。

天陽

天陽の覚悟に照男は何もいえませんでした。

 

柴田家の夕食をとっているところに、弥市郎(中原丈雄)がやってきました。なつを助けてくれたお礼に牛乳を届けていたため、そのお礼をもってきたのです。

弥市郎

お返しに、これを受け取ってください。

そう言って、弥市郎は木彫りの熊を出しました。

わあ、なんて立派な。

剛男

なつは、照男(清原翔)が砂良(北乃きい)のことを見ている視線を感じました。

剛男

食事を一緒にどうですか?

弥市郎

今日はお返しをしたかっただけですので。

そういって、弥市郎と砂良は帰っていきました。その後、泰樹がなつに言います。

今日、お前のことは雪月に頼んでおいた。

泰樹

剛男

お義父さん、なんですか?急に。
雪月の大将が学校出たら一緒に連れていってくれる。雪次郎(山田裕貴)と一緒に行けばいい。

泰樹

じいちゃん、私はもう・・・家族ではいられんの?

なつ

ここはお前の家だ。東京がつらくなったら、いつでも戻ってこい。

泰樹

じいちゃん。

なつ

東京で、お前が幸せになれるのならそれも立派な親孝行だ。それを忘れんな。

泰樹

なつは、翌日に雪月を訪れました。

とよ

東京のことかい?柴田のじいさんから・・・
ばあちゃん。

なつ

なつは、とよにすがりました。

とよ

どうしたの?
私はずるい。じいちゃんを裏切ってしまった。

なつ

なつぞら40話のあらすじはここまで。なつぞら41話のあらすじにつづく。

なつぞら第40話の感想

なつぞら40話のあらすじでは、泰樹がなつのことを雪月に頼みにいきました。そのことを泰樹がなつに伝えたストーリーでしたね。なんか、出て行けって言ってたけど、やっぱり優しいね泰樹って。

 

東京で幸せに暮らすことがなによりの親孝行って気持ちは、本当のおじいちゃんとなんも変わらない感情ですよね。泰樹は、柴田家の中で一番なつのことを心配しているのかもしれませんね。

 

つらくなったら、いつでも帰ってこいっていう泰樹の言葉はかっこ良かったです。ただ、このままだと泰樹が折れて、なつが東京に行く本当の理由を言わないままになってしまいそうな。

 

だから、なつは雪月に相談に行ったのかなって思いました。あと、照男と天陽のシーンもよかったですね。妹を心配する照男に、天陽は堂々としていましたね。

 

しかし、照男はわかりやすいですよね。周囲には、明らかに砂良(北乃きい)が好きってことがわかってしまいますよね。あんなにわかりやすい人ってそういないかも。

 

照男は、なつとあんな感じになってしまったので幸せになってほしいなって本当に思います。天陽は、ここに残るってことは、なつのことは諦めるってことなのかな。

 

なつと天陽は、ひっつくのかどうなのかってことは最後まで持ち越しになりそうな感じですね。なつは、いつ本当のことをいうのでしょうか。気になりますね。なつぞら40話の感想はここまで。なつぞら41話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第41話あらすじ「東京を耕してこい」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら第39話あらすじ「天陽の覚悟」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)