なつぞら第48話あらすじ「入社試験」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第48話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第48話のタイトルは「入社試験」です。
「なつぞら」第47話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は咲太郎(岡田将生)が東京でどんな生き方をしりたくて風車に来ました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第48話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、48話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「入社試験」です。

ウッチャン

なつぞら第48話のあらすじ

なつは、咲太郎がどうやって新宿で生きてきたのか知りたかったので、風車に来たのです。

亜矢美

闇市で、靴磨きしているところを他の浮老児にボコボコになぐられているのを、私が助けたのよ。
行くところもなかったので、仕方なく藤田親分のところに連れていったのよ。

亜矢美

咲太郎は、親分に北海道に行くお金が必要だから、妹を迎えに行くからどうやってお金がつくれるか聞いたのだという。

なつ

お兄ちゃんが北海道に?
そうよ。妹のためと思って北海道に行かせたけど、いなくなったら急に会いたくなって仕方なかったみたい。

亜矢美

ノブさん

まったく同じことを考えて行動していたんだね。兄妹で。
だから、別にあなたを捨てたわけじゃないの。

亜矢美

咲太郎は、亜矢美が踊っているのを見て「ここで生きる」と決めたのでした。

なつ

あなたがいてくれて、本当に良かったです。私にも、北海道に家族がいます。だから、亜矢美さんを否定すると、私は北海道の家族を否定してしまうことになります。だから、本当にありがとうございました。

なつは、亜矢美に深々と頭を下げました。思わず、信哉までもが亜矢美に頭をさげます。

もう、いいから。咲太郎に聞いたけど、あんた夢があるんだって。

亜矢美

なつ

はい、北海道に行けたから夢をもてました。
そんな苦労なら、しても良かったのかもね。

亜矢美

ノブさん

悲しみから生まれた希望は、人を強くします。喜びから生まれた夢は、人を優しくします。
この人、詩人なの?

亜矢美

なつ

いえ、放送記者です。

咲太郎も亜矢美も信哉も雪次郎も、新宿で生き方を探しているのだと「なつ」は感じました。

なつは、自分もこの地で頑張ろうと思って仲(井浦新)と陽平(犬飼貴丈)に川村屋に来てもらいました。そこで、これまで書いた絵を2人に見てもらいます。

うん、これでも行けると思うよ。

なつの絵にたいして、仲の反応は良かった。

白蛇姫の制作が遅れてて、一人でも多くの人材が欲しいからね。

なつ

本当ですか?私は、仲さんにいただいたセル画をお守りにしています。
それは、責任かんじちゃうな。

なつ

あ、そういうつもりじゃないです。
責任を感じてくださいよ。仲さんが、なっちゃんに夢を与えたんですから。僕の弟は寂しがっていますよ。

陽平

陽平

天陽も元気に絵を描いているみたいよ。
はい、私も天陽君に負けません。

なつ

そこに、突然、咲太郎がやってきました。なつは、咲太郎を仲と陽平に紹介します。

咲太郎

どうですか?なつは、ものになりそうですか?
大丈夫ですよ。やる気さえあれば。儲からないし、キツイ仕事だけどね。

咲太郎

なんでも、最初はそんなものですよ。
妹さんを誘ってしまった手前、援護射撃をします。

咲太郎

あんたが誘ったの?責任重大だよな。裏切ったら海に浮かぶよ。

咲太郎はそういって、仲にすごみます。それを見た、なつが・・・

お兄ちゃん!

なつ

咲太郎

ジョークだよ。ジョーク。

そんな兄を見て、なつはハラハラしたのでした。そして・・・

これ、さっき本屋で買ってきて・・・。仲さんが面白いっていうから。

陽平

その本は、洋画の動物の動きがわかるものでした。

アニメーションのために作られた本ではないけど、動きの勉強になると思うよ。

なつ

もらって、いいんですか?ありがとうございます。

それを見ていた咲太郎が・・・

奥原なつをどうかよろしくお願いいたします。

咲太郎

それから、なつは川村屋で働きながら夜は絵の練習をしていました。そして、6月。なつがアニメーターになるための試験の日がやってきました。

 

なつは、試験会場で泰樹(草刈正雄)がくれた懐中時計を強く握りしめていました。

なつ

じいちゃん。いくべ。

そういって、試験会場の中に入りました。なつぞら48話のあらすじはここまで。なつぞら49話のあらすじにつづく。

なつぞら第48話の感想

なつぞら48話のあらすじで、なつの知らない期間の咲太郎を亜矢美に教えてもらいましたね。そして、なつはいよいよ試験というストーリーでした。

 

なつが知らない期間の咲太郎のことを亜矢美に教えてもらってよかったですね。なつは、自分たちのことを忘れていたと思っていたので、咲太郎が同じ想いをもっていたことが嬉しかった。

 

それは、東京と北海道で同じことをしていたことが嬉しかった。なので、信哉と一緒に風車に行って良かったですね。

 

なつにも、北海道の家族があるように咲太郎にも生きていくために家族のように暮らしていた人がいた。それが亜矢美だったんだなって。

 

自分を肯定するためにも、なつは亜矢美にお礼を言ったのだと思います。ちょっと感動してしまいました。ちなみに、なつがお礼を言うときに信哉が一緒に礼をするのがちょっと面白かったですけど。

 

そして、なつはいよいよ試験ですね。仲が後押ししてくれるので心強いですけど、咲太郎が仲に脅しをかけていたのはちょっと気になりますね。社長に挨拶に行ったこともやや気になります。

 

そんなことしなくてもいいのにって。それでも、じいちゃんに誓って試験を頑張る。合格してアニメーターになってほしいですね。なつぞら48話の感想はここまで。なつぞら49話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第49話あらすじ「ビールの泡」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第47話あらすじ「生き方」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)