なつぞら第127話あらすじ「キックジャガー」感想

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第127話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第127話のタイトルは「キックジャガー」です。

なつぞら第126話のあらすじで、「優」の預け先となる保育園に落ちて、一久(中川大志)がまだまだ働けない状況になっています。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第127話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、127話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「キックジャガー」です。

ウッチャン

なつぞら第127話のあらすじ

優の保育園に落ちた「なつ」ですが、職場で作画監督の話が山川社長からありました。漫画「キックジャガー」を原作としたテレビ漫画です。山川に現在の「なつ」の状況では難しいのではないかと言われますが、

なつ

私に任せてください。

といい、作画監督の仕事を受けてしまいます。家に帰って一久に、そのことを謝罪します。

なにも相談せずに、作画監督の仕事をうけてきてごめんね。

なつ

一久さん

優を産む前から決まっていることだから、気にする必要はないよ。

そこに、マコさん(貫地谷しほり)が訪ねてきました。

一久さんから、昼に電話もらっててね。優の預け先が決まるまで、まってくれって。

麻子

そういって、麻子もなつが行っていた保育ママ募集のチラシを一緒に作り始めます。そこに、下山(川島明)と茜(渡辺麻友)がやってきました。

麻子

茜ちゃん、保育ママどこにいるか知らない?
私はどうかしら?

茜と麻子は、最初からそのつもりで坂場となつの家にやってきていたのです。その年の4月からに優は茜にお願いすることになりました。

 

それから、なつは「キックジャガー」に没頭していきました。それは、久しぶりに演出をする一久さんも同じでした。なつぞら127話のあらすじはここまで。なつぞら128話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

なつぞら第128話あらすじ「当たり前のこと」

なつぞら第22週ネタバレ「優しいわが子」

なつぞらネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞらのモデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)