MENU

なつぞら18週のネタバレ・あらすじはコチラ

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」第18週のネタバレ・あらすじをお伝えしていきます。
なつぞら第17週のあらすじで、なつ(広瀬すず)は坂場(中川大志)や神地(染谷将太)らはテレビアニメを作る方になりました。

なつ

ウッチャン

なつぞら第18週のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

なつぞら18週ネタバレ,あらすじ

なつらテレビ班が、はじめて制作したアニメ「百獣の王子サム」が予想を超えるヒットをしました。なつたちは喜びながらも、忙しい日々を過ごしていました。

 

そんな中、新しい長編漫画映画を東洋動画作ることが決まりました。

下山くん。今度の長編作の監督をお願いしたいんだけど、どう?
すみません。私は、監督は向いてないと思うんです。坂場くんが適任だと思います。

下山

坂場くんは、まだ早すぎないか?
いえ、斬新なアイデアや漫画映画にかける想いを彼はもっていますから。

下山

下山の推薦によって、長編漫画映画の監督を坂場がすることになりました。坂場は、ヨーロッパを舞台にしたものを企画します。そして、原画を担当することになったのは神地に決定しました。

 

追伸

今週あった、下山が坂部を推薦するというものはモデルでもあった出来事です。下山のモデル・大塚康生さんは坂部のモデルの高畑勲さんを推薦しています。

しかし、この作品「太陽の王子・ホルスの大冒険」がヒットしませんでした。この作品で、高畑勲さんと宮崎駿さんが一緒に仕事をすることになります。

この後に、東映動画は労働紛争の関係もあり有能なアニメーターがみんな移籍していってしまいます。そのきっかけになった作品が今回の作品になります。今後、どのように描かれていくのか注目です。

 



 

あなたにおススメのページ
下山(川島明)モデルの大塚康生はどんなアニメーターなの?

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

マコちゃん(貫地谷しほり)のモデル・中村和子は手塚治虫の右腕!? 仲さん(井浦新)モデル・森康二はどんな人なの?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)