なつぞら第23話あらすじ「コンクール当日」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第23話のあらすじと感想について会話形式でお伝えしています。なつぞらの第23話のタイトルは「コンクール当日」です。
「なつぞら」第22話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は初めて周囲を惹きつける演技をすることができました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第23話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、23話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「コンクール当日」です。

ウッチャン




なつぞら第23話のあらすじ

月日は流れて、演劇コンクリートの当日がやってきました。本番前に、なつと雪次郎(山田裕貴)がロビーを見ると、富士子(松嶋菜々子)、妙子(仙道敦子)、とよ(高畑淳子)、雪之助(安田顕)がアイスクリームを売っていました。

雪次郎

うちの名前がどこにも書いていないけど・・・
バカ、うちの宣伝をしているわけではないの。あんたたちを応援するためにやっているんだから。

妙子

そのころ、舞台の準備が行われていました。天陽(吉沢亮)の描いた絵がセットされようとしていました。そのあまりにも力強い絵に雪次郎は心配しました。

雪次郎

芝居よりも背景が強くなりすぎないでしょうか?
いや、この背景でやるから意味があるんだ。これは、山田天陽の魂の叫びなんだ。

倉田先生

そんな天陽の背景が設置されて、いよいよ本番が始まりました。しかし、客席に天陽の姿はありませんでした。また、泰樹(草刈正雄)の姿もまだありませんでした。2人はトラブルに巻き込まれていたのです。

 

一方、なつも舞台でトラブルに巻き込まれていました。村長役の門倉がセリフを全部忘れてしまったのです。門倉はとっさに歌を歌い・・・なつも一緒に歌うことにしました。そして、なつが何度も練習したセリフに入ります。

ペチカ

私は犠牲になるとは思っていません。皆が血を流して犠牲になる方がよほど犠牲になるといえるでしょう。
ペチカ様はあんな奴の嫁になりたいのか?

ポポロ

ペチカ

それを望まないことをポポロは一番よく知っているでしょう。しかし、自分のことだけを考えるわけにはいけません。そもそも、その考え方が間違っていたのです。

大事なセリフをなつが話しているときです。天陽と泰樹が客席についたのです。なつぞら23話のあらすじはここまで。なつぞら24話のあらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第24話あらすじ「泰樹は私の誇り」感想

柴田泰樹(草刈正雄)のモデル・太田茂一とは?

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)のモデル・奥山玲子はどんな人?

なつぞら第22話あらすじ「迫真の演技」感想



 

なつぞら第23話の感想

テレビ放送が終了後にお伝えします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)