なつぞら第3話あらすじ「初搾乳」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第3話のあらすじと感想について会話形式でお伝えしています。なつぞら第3話のタイトルは「初搾乳」です。
「なつぞら」第2話のあらすじでは、なつ(粟野咲莉)は学校に行かずに働くようになりました。

ウッチャン

ウッチャン

その続きとなるなつぞら第3話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、3話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

なつ

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「初搾乳」です。




なつぞら第3話のあらすじ

なつの仕事が始まりました。牛たちは、飼料を食べた後に放牧されます。そのタイミングで夕見子(荒川梨杏)たちが学校に行きます。なつは、放牧された後の牛の部屋の糞を片付けます。

なつ

私は牛の乳しぼりできないから、力をださないと

そういって、一生懸命糞をかきとるなつを戸村親子は感心します。

子供のお遊びとは思えんべさ

菊介

糞を片付けると、今度はわらを運んで敷いていきます。藁を運ぶのは力仕事でとてもきつい作業になります。藁をおとしたなつを剛男が手伝おとしてもなつは・・・

なつ

大丈夫です。自分でやります。

そういって、頑張って働きます。藁をしく作業が終わってようやく朝ごはんになります。朝ごはんが終わったら、今度はじゃがいもなどの畑仕事をおこないます。そして、夕方にはまた搾乳。そんな毎日が続きます。

 

そんな毎日に、なつは疲労を感じてごはん中にも寝ていたり、夜のいびきがひどくなって夕見子の眠りの邪魔をすることになり始めます。富士子はたまらず泰樹の文句を言い始めます。

富士子

いい加減にしろ、頑固じじい。
なつは、ここで生きるために必死で働いているから今は見守るしかないよ。

たけお

富士子

なして、なつを自分と同じ、男と同じと考えるかわからんさ。

そんな富士子の心配をよそになつは働き続けました。なつは、毎日の牛の搾乳も男性陣がしている様子をじっと見ていました。

 

そして、3回目の日曜日を迎えたとき泰樹がついになつに牛の搾乳の方法をつきっきりで教えてくれました。

なつ

よろしくね、けらないでね。

そういって、なつは牛をなでます。そして、深呼吸をしてから・・・

大丈夫、大丈夫

なつ

声をかけながら徐々に慣らしていきます。

泰樹

牛から離れるな。くっついていたほうが危なくない。
はい。

なつ

泰樹

まず、この布で牛の乳首をふいて温める。
はい。

なつ

泰樹

もっと強く絞らないと牛乳が出ないぞ。でも、素早くせんと牛が嫌がる。

そして、なつがついに牛の乳を搾ると容器の中に牛乳が噴射しました。

本当になっちゃんは、自分たちの様子をじっと見てたんだな

菊介

そう、牛の乳しぼりはそんなに簡単にできるものではなく熟練の経験が必要な作業。なつは男性陣が牛の乳を搾乳する姿をじっと見ていたからできたのです。なつは、こうして働くことで認めてもらうことができました。

 

なつの姿を見た剛男は、自分もなにかしなければと考えます。さっそく、長男の照男(岡島遼太郎)のところに行きます。照男は薪割りをしていました。

たけお

上手になったなあ
俺なんかダメだよ。じいちゃんに頼りにされていないし。

照男

たけお

大丈夫、俺もじいちゃんに頼られたことないから。気にするな。

婿養子で頼りにされていない・剛男と長男だけど泰樹に頼りにされていない照男はお互い同じような境遇ゆえに気持ちがわかるところがありました。

照男、あの子のこと頼むな。父さんは頼りにしているんだ。お前のこと

たけお

照男

俺は、父さん偉いと思うよ
ありがとう。照男

たけお

剛男はそれから、二階に行き夕見子のところに行きました。剛男は、夕見子がなつのことを好いていないと感じていたからです。夕見子は勉強をしていました。

夕見子、勉強か。偉いな。父さんも働くよりも勉強の方が好きだった。夕見子は父さんに似たのかもしれないな。

たけお

そして、かしこまって夕見子に話そうとしたときに、富士子がなつがいないと言います。なつぞら第3話のあらすじはここまで。なつぞら第4話のあらすじにつづく。

 



 

なつぞら第3話の感想

なつぞら第3話のあらすじでは、なつが牛の搾乳を初めてやらしてもらったというストーリーでした。なんか、すごく嬉しくなりました。なつが泰樹や大人たちに認められてきたのかな。

 

そんなことを感じました。それにしても泰樹以外の大人はすごく、なつに優しいですよね。頑張っているっていうのもあるのですがそれ以前にすごく優しい目で、なつのことを見てくれていますよね。

 

あと、なつに搾乳を教えたことで長男の照男はちょっと寂しい思いをしたかもしれませんね。長男で明らかに年上なのに、搾乳をまだ教えてもらっていないっていうのはショックですよね。

 

そりゃあ、おじいちゃんに頼りにされていないって思いますよね。しかし、柴田家はそこを父親の剛男がしっかり気づいてフォローするのがとてもよかったです。父親も突き放していたら照男はぐれてしまいますよね。

 

きっと、柴田牧場を継ぐのは照男なのにね。もちろん、男子に求めるものと女子に求めるものは違いますけどね。さて、剛男は夕見子にどんなことを話すのでしょうか。

 

そして、泰樹はなつをどこに連れていったのでしょうか。楽しみですね。なつぞら3話の感想はここまで。なつぞら4話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第4話あらすじ「堂々と生きろ」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第2話あらすじ「赤の他人」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)