なつぞら第30話あらすじ「兄との別れ」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第30話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第30話のタイトルは「兄との別れ」です。
「なつぞら」第29話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は咲太郎(岡田将生)に翌日会う約束をして別れました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第30話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、30話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「兄との別れ」です。

ウッチャン




なつぞら第30話のあらすじ

なつたちは、翌日川村屋で咲太郎のことを待ちましたがいつまで待っても咲太郎が来ることはありませんでした。そこに、信哉(工藤阿須加)がやってきます。

ノブさん

咲太郎が警察に捕まった。咲太郎が質屋にもっていった時計が盗品で、その場で逮捕されたって。

なつは、その日の夜は寝られませんでした。そして、朝になってすぐに浅草に向かいました。六区館に行った、なつはダンサーのマリ-と話します。マリ-は咲太郎はやっていないという。

 

しかし、警察は捕まえてしまったらそう言っても聞いてもらえるところでない。なつは、マリ-にそう言われます。咲太郎が犯人でないことがわかり、なつと富士子(松嶋菜々子)は川村屋に戻ります。

お帰りなさい。あちらで、2人を待っている人がいる

野上

マダム

こちらは、藤田正士さん、みんなは「藤正親分」と呼んでいるわ。ムーランがなくなるまで支配人をしてたの。

親分は、岸川亜矢美(山口智子)が咲太郎を連れてきたという。そして、咲太郎はつぶれたムーランルージュを買い戻そうとしてだまされたのだという。ムーランは咲太郎にとって母親代わりの亜矢美の居場所だったから、

 

その時に、保証人になっていたのがマダム(比嘉愛未)でした。そのため、咲太郎がだまされたと聞いて驚きます。

マダム

親分、本当ですか?咲太郎がだまされたって?私をだましたのではないんですね。おかしいと思った。たかだか10万円で、劇場をかいもどせるわけないもの
その話を信じたの?マダムともあろうものが。

茂木社長

マダム

私は咲太郎の夢を買ったのよ。だからね、なつさん。私のせいなのよ。咲太郎は、なつさんに借金を請求されると思ったのかもしれないわね。
お兄ちゃんはそのために捕まったの。私がここに来たせいで・・・

なつ

戸惑うなつでしたが、そこに信哉が急いでやってきました。咲太郎の情報を知り合いの新聞社を通じて聞けたという。

ノブさん

泥棒はしていないといっているみたいだけど、誰から時計をもらったというのは言ってないみたい。誰かをかばっているのだと思う。
お兄ちゃんはどうなるの?

なつ

ノブさん

わからない・・・けど、なっちゃんへの手紙を預かってきてるんだ。

咲太郎

なつ、こんな兄ちゃんはもう忘れてくれ。北海道で幸せになってくれ。兄ちゃんもお前を忘れる。

その手紙を読んだなつは富士子の胸で号泣するのでした。なつぞら30話のあらすじはここまで。なつぞら31話のあらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第31話あらすじ「アニメーター」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第29話あらすじ「日本一の料理人」感想



 

なつぞら第30話の感想

テレビ放送後に書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)