なつぞら第40話あらすじ「本当のこと」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第40話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第40話のタイトルは「本当のこと」です。
「なつぞら」第39話のあらすじで泰樹(草刈正雄)は、なつ(広瀬すず)を心配して雪之助(安田顕)に東京に一緒に行くようにお願いします。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第40話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、40話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「本当のこと」です。

ウッチャン




なつぞら第40話のあらすじ

柴田家の夕食をとっているところに、弥市郎(中原丈雄)がやってきました。なつを助けてくれたお礼に牛乳を届けていたため、そのお礼をもってきたのです。

弥市郎

お返しに、これを受け取ってください。

そう言って、弥市郎は木彫りの熊を出しました。

わあ、なんて立派な。

剛男

なつは、照男(清原翔)が砂良(北乃きい)のことを見ている視線を感じました。

剛男

食事を一緒にどうですか?

弥市郎

今日はお返しをしたかっただけですので。

そういって、弥市郎と砂良は帰っていきました。その後、泰樹がなつに言います。

今日、お前のことは雪月に頼んでおいた。

泰樹

剛男

お義父さん、なんですか?急に。
雪月の大将が学校出たら一緒に連れていってくれる。雪次郎(山田裕貴)と一緒に行けばいい。

泰樹

じいちゃん、私はもう・・・家族ではいられんの?

なつ

ここはお前の家だ。東京がつらくなったら、いつでも戻ってこい。

泰樹

じいちゃん。

なつ

東京で、お前が幸せになれるのならそれも立派な親孝行だ。それを忘れんな。

泰樹

なつは、翌日に雪月を訪れました。

とよ

東京のことかい?柴田のじいさんから・・・
ばあちゃん。

なつ

なつは、とよにすがりました。

とよ

どうしたの?
私はずるい。じいちゃんを裏切ってしまった。

なつ

そこに、雪之助もやってきて、なつに優しくいってくれます。

雪之助

マダムに連絡したら、いつでもおいでって。仕事も、なっちゃんがよければ「川村屋」で雇ってもいいってさ。
よかったな、なっちゃん。俺も、なっちゃんがいれば心強いわ。

雪次郎

妙子

バカ、あんたが「なっちゃん」頼ってどうするのさ。

なつのことで盛り上がっていた小畑家でしたが、本人のなつは浮かない顔をしています。

どうした、なっちゃん。川村屋は嫌かい?

雪之助

なつ

いんや。そうじゃない。とってもありがたい・・・けど、仕事は自分でみつけるつもりだから。
でも、酪農は東京ではできないし、学校も今からだとなかなか・・・

雪次郎

とよ

そこまで、あんたが考えることじゃないよ。なっちゃんの好きにさせればいい。

そして、なつが本当に悩んでいることを打ち明け始めます。

本当は、自分勝手な理由であの家を出たいと思っているの。ここまで、大きくしてもらっているのに何の恩返しもしないまま。私は、じいちゃんをだましてしまったんだわ。

なつ

とよ

よくわからないけど、東京に行ったらいい。そして、その気持ちも柴田のじいちゃんにぶつけてみたらいい。じいちゃんは、なんでも言える仲なんでしょ。我慢せずに言えばいい。
ありがとう。とよおばちゃん。妙子さん。雪之助おじさん。雪次郎くん。ありがとう。

なつ

なつは、こうして泰樹に「本当のこと」をぶつけてみることに決めました。なつぞら40話のあらすじはここまで。なつぞら41話のあらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第41話あらすじ「東京を耕してこい」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら第39話あらすじ「天陽の覚悟」感想



 

なつぞら第40話の感想

テレビ放送終了後にお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)