なつぞら第47話あらすじ「生き方」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第47話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第47話のタイトルは「生き方」です。
「なつぞら」第46話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は「一人で生きれます」といい風車を飛び出しました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第47話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、47話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「生き方」です。

ウッチャン

なつぞら第47話のあらすじ

泣いている姿をみて、咲太郎はほっとけなくなり・・・なつのアパートまでついていきました。なつは、佐和子(水谷果穂)に気づかれないように雪次郎(山田裕貴)の部屋を訪ねました。すると、まだ雪之助(安田顕)がいました。

雪之助

俺は、明日帰る。今日は、銀座に行って勉強した。日本人には、パフェより先にクリームソーダだ。

そういいながら、咲太郎にバター煎餅を振る舞いました。しかし、咲太郎は北海道でこき使われて東京に来たと思って警戒していました。そんな咲太郎に、雪次郎が・・・

なっちゃんは、東京には夢があってやってきたんですよ。

雪次郎

雪次郎は、咲太郎が劇団関係の仕事をしていることを聞いて興味を持ちます。

雪次郎

俳優をやっているのですか?
ああ、たまに出てくれって言われてでることがあるけど、基本的には制作部にいる。昨日まで「桜の園」をしてた。

咲太郎

雪次郎

チェーホフですか?
なに、演劇に興味あるの?

咲太郎

雪次郎

はい。高校の時、演劇部で。なっちゃんも演劇の舞台に一緒にたったことがあるんですよ。
なに、なつの夢って女優か?それなら、お兄ちゃんに任せとけ。

咲太郎

なつ

違うから。私がやりたいのは、漫画映画だから。
漫画映画って、子供が見るもんだろ。あんなのは・・・

咲太郎

なつ

あんなのって・・・漫画映画にどれだけ助けられたか。昔、お兄ちゃんがアメリカ兵にタップダンス踊ってたことあったでしょ。あれと、漫画映画が同じように見えたの。そういう夢を作りたいの。子供たちのために。お兄ちゃんは夢ある?
俺の夢は、ムーランルージュを復活させることだ。

咲太郎

なつ

マダムに借金して、まだそんなこと言ってるの。
おれは、さっき会った亜矢美さんをもう一度、あの舞台に戻してやりたい。俺を救ってくれた人だから。

咲太郎

そして、咲太郎は立ち上がって・・・

咲太郎

また、来るわ。あと、さっちゃんはかわいそうな子なんだよ。空襲で両親を亡くしてな。苦労してるから優しくやってくれ。
お兄ちゃんは、優しくしない方がいいと思う。

なつ

咲太郎には、なつの言っている意味がわからなかった。どうやら、咲太郎は愛情と同情の垣根がないようなのです。その晩、なつは北海道の家族の絵を描きながらつぶやきます。

なつ

お兄ちゃんには、こっちに家族がいるみたいで・・・今のお兄ちゃんと、どうしたら家族になれるのだろう。

その数日後、信哉(工藤阿須加)が川村屋にやってきました。

ごめん、手紙もらってたのに、なかなか来ることができなくて。

ノブさん

なつ

いいの。ノブさんも就職したばかりでしょ。
うん。本当は、新聞記者になりたかったんだけど全部落ちちゃって。そしたら、放送局に運よく合格したんだ。

ノブさん

ノブさん

これからは、ラジオやテレビのニュースをとる時代になると思うんだ。だから、新聞記者よりも大きな可能性があるかも。
すごいなあ。ノブさん開拓者だ。

なつ

ノブさん

いやあ、これからだから、1ヶ月泊まり込みで研修に行ってたんだ。
すごいなあ。ノブさん。ノブさんはずっと、一人で生きてきたんだ。

なつ

ノブさん

俺は、空襲で両親を亡くしているからね。でも、一人で生きられる人間なんていないよ。
ノブさん、お願い。一緒についてきてほしいところがあるんだ。

なつ

ノブは、なつのお願いを聞いて一緒についていきました。なつが信哉と一緒に向かったのは「風車」でした。なつぞら47話のあらすじはここまで。なつぞら48話のあらすじにつづく。

 

なつぞら第47話の感想

なつぞら47話のあらすじで、咲太郎のなつに対する誤解が解けたストーリーでしたね。なつに夢があることがわかって、咲太郎は安心したでしょうね。

 

北海道でつらくなって、出てきたのかと思っていたのとは大きな違いですよね。ただ、東洋映画に咲太郎がよく行くって言ったのはちょっと気がかりですね。

 

一肌脱ぐってのが、なんか嫌な予感しかしないんですよね。咲太郎が動いてよかったためしがないというか。嫌な予感しかしません。

 

なつの試験の邪魔になるようなことだけはしないで欲しいですよね。そんなことを思っていたら、いきなり社長に挨拶をしているし・・・。なんか嫌な予感が確信に変わったというか。

 

しかし、信哉はしっかりしていますよね。放送局の将来がすでに見えてるところがすごい。今は、ちょうどテレビからインターネットへの変革期であるんですけどね。

 

この当時は、ラジオや新聞からテレビの時代になってきたところだったんですね。その将来性に気づいているところがすごいですね。

 

あと、なつは信哉と一緒に風車に行ってどんな話をするんですかね?一人で行くのはちょっと不安だから信哉と一緒に行ったんでしょうけど・・・。

 

もめなければいいんですけどね。心配ですね。なつぞら47話の感想はここまで。なつぞら48話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第48話あらすじ「入社試験」感想

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第47話あらすじ「一人で生きられます」感想



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)