MENU

なつぞら第5話あらすじ「手紙」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第5話のあらすじと感想について会話形式でお伝えしています。なつぞら第5話のタイトルは「手紙」です。
「なつぞら」第4話のあらすじで、なつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)に「堂々と生きろ」と言われ認められます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第5話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、5話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「手紙」です。

ウッチャン

なつぞら第5話のあらすじ

夕見子(荒川梨杏)は、剛男(藤木直人)に言われたことが影響したのか着ていた服をそっとなつの布団に置いていました。

それあげる。

夕見子

たった一言でしたが、なつは嬉しい気持ちになります。

翌朝、なつと泰樹には周囲にもわかるような絆が生まれていました。

泰樹

なつ、牛の搾乳が終わったら今日から学校に行け

夕見子がくれた服を着て、学校の準備をします。富士子(松嶋菜々子)が慌てて弁当や勉強道具の準備をしてくれます。剛男も心配なので慌ててスーツを着て学校についてきてくれます。

 

通学路で、なつは夕見子と照男と剛男の3人で歩いて学校に行きます。

夕見子

もう無理して働くことないんだよ。
夕見子ちゃんも一緒にやらない?牛の乳搾り楽しいよ。

なつ

夕見子

絶対に嫌だ。牛乳なんて絶対に飲まないんだから。
え~もったいない。あんなにたくさん牛がいるのに。

なつ

夕見子

牛なんて臭いだけだし、私にとってはなんも役に立たないもの。
え~。あんなにかわいいのに。

なつ

それを聞いていた照男はため息をつきながら言います。

照男

俺はまだ牛の搾乳教えてもらってないのに・・・
いつでも教えてやるから

たけお

そういって、長男の肩をそっと抱き寄せるのでした。

 

小学校に通いはじめたなつは、クラスの中に自分と同じように東京から来た生徒がいることを知ります。なつの後ろの席で絵を描いている少年でした。

なつ

私も空襲で家をなくしました。

なつのことを東京からやってきたばい菌扱いするものがいたので、夕見子が反論します。

いい加減なこといわないでよ。

夕見子

なつ

病気でたくさん亡くなったのは事実です。私は夕見子ちゃんのお父さんに助けてもらいました。赤の他人なのに助けてくれたんです。

すると、なつが病気かどうかはわからないとクラスメイトが言いだします。それに絵を描いていた少年・山田天陽(荒井雄斗)が反論します。

病気だったらその子はとっくに死んでるよ。どれだけ離れていると思っているんだよ。

天陽

なつは、天陽にお礼を言おうとするとすでに席に戻ってふたたび何かの絵を描いていました。放課後、なつは天陽が何を書いているのか側によってのぞいてみました。天陽は馬の絵を描いていました。

なつ

うわっ・・・うまい。さっきはありがとう。
別に。

天陽

そういって天陽は、再び絵を描き始めます。

なつ

それ、あなたの家の馬?
うん。でも、もう死んじゃったけど。

天陽

なつ

死んじゃったの?生きてるみたい。
だまされちゃったんだ。最初からもう死ぬ年齢だったの。生きているところ思い出して書いているんだ。好きだったんだ。この馬。

天陽

なつは、その絵を見てうれしくなりました。

 

なつは、天陽が同じように東京からやってきている人がいることを知って、力強く生きようと改めて思います。しかし、家に帰って毎日のように待っている兄からの手紙がまったく来ません。

 

手紙に10銭かかることを郵便配達の人に聞きましたが手紙を自分から出したいと思ったなつは富士子(松嶋菜々子)に相談します。

なつ

兄に手紙を出したいので10銭かしてくれませんか?
なっちゃんは今はここで暮らしているけど、東京にいるお兄ちゃんだって、妹だって家族でしょ。そういう気持ちを隠さなくていいんだよ。素直に言って。お金のことなんか気にしなくていいんだから。

富士子

なつは、富士子の優しさがうれしくなり思わず泣いてしまいました。子供部屋にもどったなつは、北海道に来るときにもってきたカバンをあけます。カバンの中には、父が描いた家族の絵があります。その絵を見てなつはつぶやきます。

なつ

なんで手紙くれないのよ・・・お兄ちゃん

そういって、なつはお父さんからもらった手紙を抱きしめます。なつぞら第5話のあらすじはここまで。なつぞら第6話のあらすじにつづく。

 

なつぞら第5話の感想

なつぞら5話のあらすじでは、なつが学校に行くことになりました。そして、そこで天陽に会います。また、なつは兄からの手紙を毎日待っていますが、それが来ないので富士子が自分から出すように言われます。

 

しかし、なつはちょっと天然なんですかね。学校で悪口というか「病気」みたいなことを言われてもなにも思わないですし・・・怒ったりすることもない。なんだろ。

 

怒りの感情を忘れてしまったのかなって思ったりしました。なつを演じる粟野咲莉ちゃんは、かわいいんですけど、演技もできるってすごいなあって思いました。ちょっと、おかりなに似てるって思うシーンもありますが。

 

ああいう、学校のばい菌あつかいするようなところは嫌ですよね。どうしても、嫌な気持ちになってしまいますね。あれが、やがていじめに発展していくのかなって思うと悲しくなりますね。

 

そこを冷静に天陽くんが反論してくれたのが良かったですね。スカッとしました。なつは、兄ちゃんからの手紙を待っていますが来ていないっていうのはちょっと気になりますね。

 

なつから手紙を出すことになりましたが、返事がやってくればいいのですが・・・返事が来なかったらちょっと残酷ですよね。ただでさえ、北海道で寂しい思いをしているのに兄からの手紙がないっていうのはなんとも複雑な気持ちになります。

 

無事に手紙が届いて返事がやってくれば良いのですが、今後の展開が気になりますね。お兄ちゃんからの手紙がやってきますように。なつぞら5話の感想はここまで。なつぞら6話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第6話あらすじ「会いたい」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第4話あらすじ「堂々と生きろ」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)