なつぞら第53話あらすじ「負けんな」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第53話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第53話のタイトルは「負けんな」です。
「なつぞら」第52話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は咲太郎(岡田将生)の気持ちを知って謝罪しました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第53話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、53話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「負けんな」です。

ウッチャン

なつぞら第53話のあらすじ

9月に入り、なつは東洋動画の採用試験を再び受験しました。なつは、面接で想いをアピールしました。

なつ

どうしても、漫画映画を作ってみたいんです。ディズニーみたいに、絵に命を吹き込む。それを日本の漫画映画で作りたいんです。

なつの熱意が良かったのか。試験がよくできたのか。無事合格しました。合格するや否や北海道にすぐに連絡しました。柴田家では、なつの合格を祝って乾杯を行っていました。

ちょっとでも、帰ってこれるといいのにね。

富士子

剛男

これから、ますます忙しくなるから・・・それは難しいよね。
帰ってこんのがいい知らせだ。

泰樹

富士子

すっごい、強がり。

誰よりも、なつに帰ってきてほしいのが泰樹であることを全員が知っていた。

うるさい。

泰樹

そういった泰樹は、ビールを一気に飲み干します。札幌に住んでいる夕見子(福地桃子)は、川村屋に電話をかけてきました。

夕見子

おめでとう。なつ。
ありがとう。ユミ、元気?

なつ

夕見子

うん、時間の無駄になること聞かないの。いい、なつ。中に入ったら、とにかく負けんな。負けたらつまらんぞ。
じいちゃんみたいなことを言わんで。負けんよ。特にユミには、負けないから。

なつ

夕見子

はい、お金もったいないから切るね。本読め。とにかく、本。
ユミ、ありがとう。

なつ

電話を切った後、泰樹そっくりのユミを感じ・・・なつは微笑みました。その晩、なつは咲太郎の絵を返しに「風車」に立ち寄ります。

 

川村屋を出る「なつ」は、風車の2階に住ませてほしいとお願いしにやってきたのです。咲太郎は喜んで、風車の2階の部屋を案内してくれます。

なつ

なまら、すごい。見てもいいですか?

なつが住もうとする部屋には、亜矢美(山口智子)の衣装が所狭しと並んでいました。

どうぞ、これでも一応、ムーランルージュでスターだったから。同じ服着てるって思われたら釈でしょ。戦前は、もっとあったんだけどね。

亜矢美

なつは、亜矢美の派手な服も真新しくて新鮮でした。

亜矢美

気にいったのがあったら、もっていっていいわよ。着てくれたほうが服も喜ぶわ。

なつの給料は5000円。それを聞いて、亜矢美は家賃を1500円に決めます。ここにある食べ物や服は、食べ放題で着放題。それで、1500円は破格の安さです。こうして、なつは職場と住む場所が決まりました。なつぞら53話のあらすじはここまで。なつぞら54話のあらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第54話あらすじ「思い出の天丼」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら第52話あらすじ「見返したい」感想



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)