なつぞら第6話あらすじ「会いたい」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第6話のあらすじと感想について会話形式でお伝えしています。なつぞらの第6話のタイトルは「会いたい」です。
「なつぞら」第5話のあらすじで、なつ(粟野咲莉)は兄から手紙が来ないことを悲しみます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第6話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、6話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「会いたい」です。

ウッチャン

なつぞら第6話のあらすじ

なつは、自分から兄・咲太郎(渡邉蒼)に手紙を書きます。

お兄ちゃん、元気ですか?なつは元気だけど、早くお兄ちゃんに会いたいです。孤児院の生活は大変だと思うけど、千遥と3人で早く暮らしたいです。

なつ

手紙を書いていると、夕見子が寝がえりをうって起きそうだったので明かりを消したのです。ある朝、なつが牛舎に元気に駆け込んでくると、男性陣が集まっていました。剛男(藤木直人)はなつを呼びます。

たけお

なっちゃんちょっと来て

なつがそこに行くと、牛が苦しそうにしています。しかし、悠吉(小林隆)が言います。

もうすぐ生まれるとこだ。

悠吉

そして、子牛が生まれます。必死に立ち上がろうとする牛を初めてみた光景になつは感動をします。

泰樹

ご苦労さん。初牛乳をとるぞ。
牛さんって大変だねえ。子供産んだと思ったら、今度は乳も出すんだね。

なつ

悠吉

人間のお母さんと一緒さ。
子供産まなきゃ乳はでないからね。

菊介

なつ

そっか、みんなお母さんなんだ。

そんな感動的な体験をしてから学校に行ったなつ。天陽はいつものように、絵を描いていました。なつは天陽がなにを書いているのか気になってみていました。

ねえ、どこ見てたの?

夕見子

なつが見ていた方向を夕見子(荒川梨杏)も見ますが・・・何度も聞いてきます。

なつ

後ろをみただけよ。

その日の放課後、なつは天陽に声をかけます。

また、馬書いてるの?今日ね、仔牛が生まれたの。馬しか書かないの?

なつ

天陽

悪いか?
悪くないけど、他の絵も見てみたいの。

なつ

天陽

なんで絵を見たいの?
お父さんも絵が好きだったんだけど、もう新しいのは見ることできないから。

なつ

天陽

そうなんだ。

そんな話をしているときに、強い風が教室の中に入りこみました。その風で天陽の絵がめくられて馬が躍動しているように、なつには見えました。そして、そのノートを借りたなつは何度も何度も馬が躍動しているように見えるようにページをめくりました。

馬が暴れてるみたい。

なつ

ウッチャン

この時の体験がなつの人生に大きな影響をあたえることをなつはまだ知る由もありませんでした。

なつが手紙を出して家に帰ると夕見子がなつに質問をします。夕見子はなつが兄に手紙を出したのを見たからです。

あなたはこの家に本当にいたいと思ってる?それとも仕方なく?私はどっちでもいいんだけど、受け入れたいじゃない。あなたのことを。

夕見子

なつは答えに困ってしまいます。

夕見子

そこがわからないとどう優しくするのか迷ってしまうの。
無理に優しくする必要ないよ。私は大丈夫だから、無理しないで・・・。

なつ

そこに富士子(松嶋菜々子)がやってきて、なつは明美(吉田萌果)の面倒を見ることになります。なつが明美と一緒に外に出ると、照男(岡島遼太郎)が薪割りをしていました。

なつ

私にもやらせて。
お前は、牛の乳搾りをしてるだろ。これは俺の仕事だよ。

照男

なつ

そっか。そうだね

それからしばらく、なつは照男の薪割りを見ていました。照男はちょうど、咲太郎と同じ年です。そのため、兄を見ているように見てしまいます。

なつ

私のお兄ちゃんはダンス踊れるの。タップダンス。私も習いたかったんだけど、戦争でダメになって。
なにが言いたいの?

照男

なつ

ただ言ってみただけ。行こう明美ちゃん。

なつは明美の手を引いてとぼとぼと歩いていきました。

 

なつはお兄ちゃんからの手紙の返事を待っていましたがいつまでたっても返事がきません。なぜ手紙の返事が来ないのか考える時間が増えました。そんなとき、面倒を見ていた明美が転んでこけてしまいます。

 

なつは、それを妹とフラッシュバックして強く抱きしめてしまいます。大泣きする明美の声を聴いて、夕見子(荒川梨杏)がやってきました。そして、母・富士子に伝えます。

夕見子

あの子が明美を泣かしていた。
違うんです。えっと・・・あの・・・

なつ

弁解しようとするなつに対して富士子は伝えます。

富士子

もういいから・・・明美の世話はいいからおじいちゃんを手伝ってきて。

富士子は、明美が号泣していたためにあやすので精一杯でした。そのため、なつの話を聞いてあげることができなかったのです。

 

なつは自分のふがいなさに、落ち込みます。そして、お兄ちゃんが手紙の返事をくれないのは会いたいといってしまったからかもしれないと考えます。

お兄ちゃん、私は大丈夫です。みんな優しくしてくれて幸せです。

なつ

そう手紙を書きますが・・・手紙だけでなく会いたいと思いが止まらなくなり、翌朝早くに家を出てしまいます。

なつ

さようなら。

なつは牧場に一礼して、来た道を以前の服で全力で走っていったのです。なつぞら第6話のあらすじはここまで。なつぞら第7話のあらすじにつづく。




 

なつぞら第6話の感想

なつぞら第6話のあらすじでは、なつは兄ちゃんからの手紙が来ないことで不安になってしまいましたね。ついには、家を出てしまいます。う~ん。見ていて涙が出てしまいました。

 

なつは、そんなつもりじゃないのに・・・夕見子にキツクいわれて。でも明美を実際に泣かせてしまったのは私だし・・・泣かせるつもりはなかったんだけどって言っても・・・なのでごめんなさいって言ったんだと思う。

 

なつは、はっきりずばって言える子ではないから夕見子に反論もできないし、富士子にはっきりとしたことも言えない。それを周囲がわかってあげれないと、なかなかキツイですよね。

 

なつがもちろん悪いところもあるんですけど・・・それでも、なつの気持ちを考えると辛いですよね。なんで兄ちゃんは手紙をくれないんだろ?迎えに来てくれるんじゃないの?

 

兄ちゃんどうしてって。なつと兄ちゃんの関係が濃ければ濃いほどこの悩みは大きくなりますからね。なつには、たった一人の兄。頼れる存在ですから。

 

しかし、夕見子となつの相性って相当悪いんじゃないかなって思ってしまいます。言いたいことをずけずけと言う夕見子は、言いたいことが言えない「なつ」のようなタイプを見ているとイライラしてしまうのかも。

 

せっかく、泰樹に認められてうまく歯車がかみあって北海道で十勝で生きていけるって思った矢先の出来事だけになんとも切ない気持ちになりました。

 

なつは、いったいどこにいくのでしょうか。東京に行くことになるのでしょうか。なつぞら6話の感想はここまで。なつぞら7話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら第7話あらすじ「狩り込み」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつぞら第5話あらすじ「手紙」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)