なつぞら第59話あらすじ「なつの絵が採用?」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第59話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第59話のタイトルは「なつの絵が採用?」です。

なつぞら第58話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は下山(川島明)に大沢麻子(貫地谷しほり)のことを聞きます。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第59話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、59話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「なつの絵が採用?」です。

ウッチャン

なつぞら第59話のあらすじ

なつが昼食を終えて仕上げ課に戻ると、描きかけの動画がなくなっていました。

モモッチ

大沢さんが持っていたわよ。

なつは、急いで作画課に向かいました。すると、麻子が堀内に追求していました。

麻子

なぜ、これを捨てたの。私、これいいと思う。この1枚を入れるだけで、全然違うの。私は、ずっとこういうのを望んでたの。

しかし、堀内は自分のものでないので、なにを言っているのかわかりません。そして、堀内が描いていなことを麻子も知ります。

じゃあ、いったい誰がこれを描いたのよ。

麻子

そこに、なつがそ~っと入ってくると、下山に声をかけられます。

下山

なっちゃん。

下山の声で、全員がなつの方向を見ます。

まさか。

麻子

なつ

すみません。それ、私が描きました。

下山と仲(井浦新)は、その絵を見ます。

うん、うん。なるほど

下山

この1枚に、気づいて、この表情は凄い。
原画を描いた僕も、この発想はなかったな。

井戸原

麻子

なんで描いたの?
すみません。人に見せるつもりじゃなく、勉強のためにゴミ箱から拾って描いただけなんです。絵を描いていると、そうしてみたくなったんです。

なつ

麻子

だからどうして、そうしたくなったのよ?
白姫の気持ちになっていたら、そうなったのです。私、高校で演劇をしていて白蛇を演じたことがあるんです。その時に・・・

なつ

麻子

もう、分かったわよ。勝手に練習してたってことでしょ。

麻子は、なつの言葉をそう言って遮りました。そして、なつの絵を堀内が清書することになります。なつは、自分の絵が認められたようでうれしくなりました。

 

しかし仕上課に戻ってくると、今は色彩の仕事に集中するようにと、なつは叱られました。そんな、なつをモモッチだけは心配してくれました。

大丈夫?私も漫画映画のこと勉強しようかな。だって、あなた見てたら楽しそうなんですもの。

モモッチ

なつ

私も今日、初めて楽しいって気持ちになった気がしたんです。
今日?何があったの?

モモッチ

なつ

今は、彩色に集中、集中。

そういって、なつはセル画に向かうのでした。なつぞら59話のあらすじはここまで。なつぞら60話のあらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

なつぞら60話あらすじ「ここで生きていきます」

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら58話あらすじ「アニメーターの悩み」感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)