なつぞら第42話あらすじ「俺は待たんよ。」感想

ウッチャン

このページは、朝ドラ「なつぞら」の第42話のあらすじと感想について吹き出し形式でお伝えしています。なつぞら第42話のタイトルは「俺は待たんよ。」です。
「なつぞら」第41話のあらすじで、なつ(広瀬すず)は、泰樹(草刈正雄)たち家族に漫画映画を作りたいと本当の気持ちを伝えました。

ウッチャン

なつ

その続きとなるなつぞら第42話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、42話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。
「なつぞら」のあらすじが気になる。もしくは、「なつぞら」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「俺は待たんよ。」です。

ウッチャン




なつぞら第42話のあらすじ

なつは、嬉しそうにスキーを走らせ天陽(吉沢亮)の家に向かっていました。

なつ

天陽く~ん。
どうした?

天陽

なつ

じいちゃんが許してくれたよ。天陽くんのおかげだわ。ありがとう。
よかったな、なっちゃん。

天陽

なつ

天陽くんが教えてくれたから。
なにを?

天陽

なつ

なんもかもよ。私は、北海道に来て天陽くんに出会えて本当に良かった。

その後、なつは母屋で天陽の家族と一緒にそばがきを食べました。なつが、陽平(犬飼貴丈)の会社に入ることを目指すと聞いた、正治(戸次重幸)は・・

正治

なっちゃんは、牛飼いとして生きると思ってた。
ほんと、ひどいよね。私・・・

なつ

タミ

その話はやめましょうや。
あっ、兄ちゃんに手紙書いておこうか。なっちゃんをよろしくって。

天陽

なつ

それなら大丈夫。連絡先聞いてるから、自分で書くよ。
東京に行っても、なっちゃんと天陽は、陽平でつながっているんだな。

正治

なつ

そうなれたらいいけど。
何よりも、なっちゃんには本当のお兄ちゃんがついているから安心でしょ。

タミ

それから、あっという間に3月の卒業式を迎えます。なつは、クラスメイトや演劇部のメンバーと別れを惜しみつつ・・・天陽のアトリエに向かいました。

 

なつは、天陽の家に生まれたばかりの「仔牛の乳の飲ませ方」を天陽に教えました。そして、帰っているところに天陽がなつを追いかけてきます。

天陽

なっちゃ~ん。

勢いよくやってきた天陽がなつにぶつかり押し倒すような形になってしまいます。顔がすぐそこまで近づいた状態で・・・

どうしたの?

なつ

天陽

なっちゃん。俺は、待たんよ・・・。
えっ?

なつ

天陽

なっちゃんのこと。ここで、帰ってくるの待たない。待つ必要もないと思ってるんだ。

そういって、天陽は起き上がります。

俺にとって、広い世界はベニヤ板だ。そこが俺のキャンパスだ。なっちゃんも道に迷ったら、自分のキャンパスに向かえばいい。そしたら、俺となっちゃんは広いキャンパスでつながっていられる。

天陽

真剣な表情で話を聞く、なつに対して天陽は言いました。

天陽

なっちゃん、頑張れ。頑張ってこい。

そういって、お互い強く握手をするのでした。なつぞら42話のあらすじはここまで。なつぞら43話のあらすじにつづく。




 

 

 

 

あなたにおススメのページ

なつぞら第43話あらすじ「泰樹の涙」感想

なつぞら(夏空) ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露

なつ(広瀬すず)モデル・奥山玲子とは?

なつぞら第41話あらすじ「東京を耕してこい」感想



 

なつぞら第42話の感想

テレビ放送終了後にお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)