ひよっこ第96話の感想・あらすじ「みね子の健気さ」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の96話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第96話のタイトルは「みね子の健気さ」です。

ひよっこの95話のあらすじと感想で、島谷純一郎(竹内涼真)に縁談の話が父からもたらされました。そのことを聞いていた由香(島崎遥香)が、みね子にそのことを伝えにいきます。

 

その続きとなるひよっこ第96話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

ひよっこ96話のあらすじ

由香から話を聞いたみね子は、ため息をついて落ち込みました。みね子は、島谷の父がどんな人だったか?そう由香に聞きます。由香は優しそうだった。

そう聞くと、みね子は嬉しそうでした。そして、みね子は由香がなぜ教えてくれたのか。そう確認したのです。由香は、なんで親とかのために子供が我慢しなければならないのか。

 

みね子に頑張ってほしいと話したのです。すると、みね子は由香にお礼をいうのでした。その様子を邦子(白石美帆)が微笑みながら見守っています。

そして、由香は自分でお金を支払ったのです。一方、島谷は家で論文を書いています。みね子もあかね荘にもどってきました。ペンダントを見ながらかんがえこむみね子。

 

そこに、時子(佐久間由衣)が帰ってきました。時子は、最近の芝居を悩んでいました。みね子は、聞き役にまわるのでした。みね子は、自分じゃない人になれる時子がうらやましい。

どんな人になりたいか時子に聞かれ、みね子はお金持ちのお嬢さんになって親の決めた結婚相手がいる。そんな役をやってみたい。そういって一緒に演技するのでした。

 

あれから、島谷からなにも言われていません。しかし、みね子はずっと普通に接していました。島谷は、父親に手紙を書いていました。

島谷は、卒業論文が書きあがります。その晩に、島谷が仕事が終わったら話があると神妙な顔で話をされます。ひよっこ96話のあらすじはここまで。ひよっこ97話のあらすじにつづく。

ひよっこ96話の感想

ひよっこ96話のあらすじは、なにもなかったように普通に過ごすみね子がどこか痛々しかったですね。見ててつらくなってしまいました。幼いころからずっと我慢してきたからなのかな。

なんか、時子にも島谷のことを相談しないし、とても心配になりました。普通にすればするほど、なんか怖かったですね。時子にお金持ちのお嬢さんになりたい。

 

そんな話をしたときに、私は思わず泣いてしまいました。お互いが好きってだけでは、この時代なかなか結婚できないんやなあって改めて感じました。

家柄よりも人柄だと思うんですけど、今でもそんなのって多かれ少なかれ残っていますよね。だからこそ、そのひよっこを通して伝えたい脚本家のメッセージが深く刺さりましたね。

 

また、由香がなぜみね子に島谷の縁談のことを話したのもわかりましたね。なんちゅうか、親に振り回されるのは嫌って思いなんかな。支払いも由香がしたことにびっくり。

なので、柏木ヤスハル(古館祐太郎)が話していたように、由香って根はすごく優しいんだろうなって感じました。最悪な出会いだったんですけどね。

 

なんか、みね子のことを心配して応援してくれているっていうのがよかったですね。いよいよ、みね子と島谷の恋がどのような結末を迎えるのか。

みね子自身は、別れることを決意しているんだなっていうのをどこか感じました。ひよっこ96話の感想はここまで。ひよっこ97話の感想につづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です