やついいちろう(井川元治/いがわげんじ役)

このページは、2017年4月期からスタートした朝ドラ「ひよっこ」の井川元治いがわげんじ)役のキャストやついいちろうさんについて紹介します。

また、それと一緒にやついいちろうさんが演じる井川元治がどんな役どころで見どころがどこにあるのかについても後半に詳しくお伝えします。

 

少しだけ説明すると、みね子(有村架純)が東京で働く2つ目の会社にいるコックさんの役をしているのがこの井川元治になります。

それ以上の詳しい内容については後半をご覧くださいね。その前に、まずはやついいちろうさんがどんな俳優さんなのかみていきたいと思います。

やついいちろうはどんな俳優なの?

やついいちろうさんは、1974年生まれの現在42歳になります。出身は、三重県です。お笑いが好きな人は知っていると思いますが俳優ではなく、お笑い芸人です。

人気お笑いコンビのエレキコミックでボケを担当しています。もじゃもじゃ髪がトレードマークでした。しかし、今回の「ひよっこ」のためにその髪を切りました。

 

やついいちろうさんは、これまで目立った俳優活動をしていません。NHKについては、Eテレの「シャキーン!」でネコッパチの声を2009年から現在もやっています。

これが、今回の朝ドラ「ひよっこ」に起用されたきっかけなのかもしれません。今後は、やついいちろうさんは俳優活動をしようと考えているのかもしれません。

 

そのきっかけが、今回のNHKの朝ドラになるのかもしれませんね。いきなり俳優の仕事が朝ドラってのがなんともすごい。

最近は、芸人さんが俳優の仕事しはじめるって人多いですよね。なんか、お笑いと俳優の垣根が低くなったかもしれませんよね。朝ドラにもちょこちょこ芸人さんでています。

 

ドランクドラゴンの塚地さんとか、今後もどんどんお笑い芸人が朝ドラにでてくるのかもしれません。やついいちろうさんも、今後俳優活動をどんどんやってほしいですね。

NHKは、朝ドラで活躍したら大河ドラマに起用されたりと活躍の場が広がっていきます。やついいちろうさんにもそんな活躍を期待したいですね。

ひよっこの井川元治の見どころ

そんな、やついいちろうさんが「ひよっこ」の中で演じるキャスト井川元治は、みね子が働くことになる「すずぶり亭」のコックになります。省吾(佐々木蔵之介)の次にキャリアもあります。

 

ただ、仕事を一生懸命しないところがありちょこちょこさぼります。面倒な仕事は、後輩の前田秀俊(磯村勇斗)に丸投げしています。省吾には、そのことを悟られないよう注意しているのです。

 

しかも、後輩についてはすごく横柄で偉そうな態度をとります。コックとして腕を上げたいという気持ちも特にもっていないお気楽な人です。ただ、涙もろいところがあり素直で憎めないとこもあります。

 

なので、見どころとしてはどのような姿勢で仕事をしているのか。後輩の前田秀俊にどのように仕事をおしつけているのかといったところが見どころになるのでしょうか。

また、「すずぶり亭」でみね子と一緒に働くことになりますのでどのようなかかわりになるのかも注目ですね。やついいちろうさんがトレードマークの髪を切ってまで挑む俳優としての初仕事。

 

コントのようにうまくはいかないかもしれませんが、かなりの意気込みではいっていると思います。東京では、谷田部宗男(峯田和伸)がいて笑えました。

東京編では、この井川元治が笑いを「ひよっこ」の中に入れてくれるのでしょうか。そういった、コメディアン的な要素も含めて楽しみなキャストになりますね。

 

中心という存在ではないけど、ムードメーカー的な面白い人。井川元治には、そんな人であってほしいなって思います。やついいちろうさんの出演が多くなるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です