岡山天音(新田啓輔/にったけいすけ役)

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の中で新田啓輔にったけいすけ)を演じるキャスト岡山天音(おかやまあまね)さんについて紹介します。

 

また、岡山天音さんが演じる新田啓輔が「ひよっこ」の中でどんな役どころなのか。見どころはどこにあるのかについても後半に詳しくみていきます。

 

少しだけ簡単に説明すると、新田啓輔はヒロイン・みね子(有村架純)が住むあかね荘の住人です。マンガ家を夢みて、日夜漫画を描いています。詳しくは後半をご覧くださいね。

 

その前に、岡山天音さんがどんな俳優なのか。これまでにどんな作品にでてきているのか。代表作にはなにがあるのかなどについてみていきます。




岡山天音はどんな俳優なの?

岡山天音さんは、1994年生まれの現在22歳になります。デビューは中学生日記になっています。なので、早くから芸能界デビューしていることがわかります。

 

個性的な俳優さんですね。目が少し離れているところが印象的です。なんか主役って感じではなくちょっとの出演がいい役者さんです。

 

俳優のきたろうさんに顔が似ていることから、息子なのでは?とネットでは話題になっています。実際のところは公式発表がないことから、ただ似ているだけかなって思います。

 

代表作としては、「リアル鬼ごっこ」や「すべてがFになる」や現在放送中の「貴族探偵」などがあります。NHKについては、デビュー作の「中学生日記」から始まって、ちょこちょこでています。

 

「最終特快」や「鼠、江戸を疾る」、「世界はひばりを待っている」と出演経験があります。なので、まったくNHKと縁がなかったタイプではなく、若いころからNHKにはよくでているタイプの俳優さんになりますね。

 

ちなみに、NHKの代表ドラマの大河ドラマ。朝ドラには出演経験がありません。そのため、今回が初出場ということになります。月9の貴族探偵もでていますし、今回の朝ドラでますます知名度をアップするのではないでしょうか。

 

今後、もっともっとNHKにもでて欲しいので今回の「ひよっこ」の活躍に注目です。どうしても、朝ドラでた若い俳優さんは今後出世することが多いので気になりますね。




ひよっこの新田啓輔の見どころ

岡山天音さんが「ひよっこ」の中で演じる新田啓輔は、みね子と同じあかね荘在住の漫画家を目指している青年です。お金がなく借金をしているので、みね子が挨拶にいくと借金とりがきたのかと思います。

 

みね子がその際に菓子折りをもっていくと、3日ぶりに食べ物を食べたという驚きの困窮した生活を送っています。漫画家としては、芽がまだ出てなく出版社の人もあってくれません。

 

相方の坪内祐二(浅香航大)と、ともに富山からやってきて夢を追います。見どころとしては、今後漫画家として売れることができるのかというところでしょう。

 

あかね荘で貧しい生活をしていますので、どこかで頑張らなければ生活が苦しいです。相方の坪内は、富山の実家が運送屋をやっているのでその後を継ぐことができる。

 

しかし、新田啓輔は家業があるわけでもないので漫画で藤子不二雄のようになるんだと志が高いです。なので、みね子とどんな関係になるのかというのが楽しみなキャストですね。

 

みね子が向島電機で一緒に働いた幸子(小島藤子)の夫・高島雄大(井之脇海)と通じるところがあるので、そのキャラクターがとても楽しみですね。

 

けっこう、ひよっこの中では貧しさみたいなのがあります。その中でも、幸せに暮らしていけるってところがあるので、売れない漫画家のままかもしれませんが・・・そのあたりのところを注目してみていきたいです。




関連記事

浅香航大(坪内祐二/つぼうちうゆうじ役)

シシド・カフカ(久坂早苗/くさかさなえ役)

竹内涼真(島谷純一郎/しまやじゅんいちろう役)

有村架純(谷田部みね子・やたべみねこ役)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)