斉藤暁(安部善三/あべぜんぞう役)

このページは、NHKの朝ドラ「ひよっこ」で安部善三あべぜんぞう)役のキャスト斉藤暁さいとうさとる)さんについて紹介しています。

 

また、ここでは安部善三が「ひよっこ」でどんな活躍をするのか。見どころはどこにあるのかについても後半にみていきます。

 

簡単に安倍善三を説明すると、住谷三男(泉澤祐希)が東京で働く会社で米屋の主人になります。それ以上のくわしいことは後半をご覧ください。

 

その前に、まずは斉藤暁さんがどんな俳優なのか。これまでにどんな作品にでているのか。代表作などについてもみていきます。




斉藤暁はどんな俳優なの?

斉藤暁さんは、1953年生まれの現在63歳になります。出身は、福島県郡山市になります。元々は劇団出身の役者さんです。

 

なんといっても、斉藤暁さんといえば「踊る大捜査線」になりますね。あのズッコケな警察役が妙にいたについていたのを覚えてらっしゃる方が多いと思います。

 

二枚目ではなく三枚目の役が中心になります。ドラマの中でお笑い役としていることを多いです。また、踊る大捜査線以外にも「科捜研の女」でも一目おく存在ですね。

 

NHKについては、大河ドラマは「毛利元就」、「徳川三代」に出演しています。連続テレビ小説には、今回の「ひよっこ」が5作品目になっています。

 

これまでは、「はね駒」、「すずらん」、「ひまわり」、「とと姉ちゃん」にでています。私が特に見ているのは「とと姉ちゃん」ですね。

 

常子(高畑充希)に、ちょこちょこキャラメルをわけてくれる給仕の坂田はなんとも優しくていい役でしたね。斉藤暁さんならではの味のある演技でしたね。

 

頑張っている常子を見つめていた坂田のことが私はなんとも好きでした。これだけたくさん朝ドラと大河ドラマにでているのですから、NHKによくでている俳優さんと言えるでしょう。

 

私自身は、すごく好きな俳優さんの一人なので今後もたくさん出演してくれると嬉しいです。ひよっこの中でも味のある演技をたくさんみたいです。




ひよっこの安倍善三の見どころ・役どころ

そんな斉藤暁さんが、朝ドラ「ひよっこ」の中で演じる安倍善三は、三男が勤務する会社の社長になります。そうはいっても家族経営の米屋になります。

 

娘の安部さおり(伊藤沙莉)とは、いつもそりがあわず口喧嘩になるところを間に入るのが三男という形になっています。そのため、三男は板挟みではっきりとものが言えない。

 

妻は、先に死んでしまったのでさおりと二人暮しだが、それがなんともつらいので三男を米屋採用したのです。三男には米屋を継いでもらいたいと思っています。

 

なので、密かに三男を婿養子にできないかと思っているのです。なので、見どころとしては三男がさおりと結婚して婿養子になるのかどうかというところ。

 

また、安倍善三と安倍さおり。そして三男の3人で話をしているところの三男の息苦しい感じも見どころの一つになるでしょう。三男がどのような対応をとるのか。

 

どんなことで安倍善三と安倍さおりが口げんかしているのか。そういったところも楽しみですね。斉藤暁さんの味のある演技もまた見どころの一つ。

 

こういう感じのちょっと頑固親父なところは、斉藤暁さんにぴったりかなって思います。ナイスキャスティングって思います。三男の運命を握る安倍善三に注目したいと思います。




関連記事

伊藤沙莉(安部さおり/あべさおり役)

泉澤祐希(角谷三男・すみたにみつお役)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)