菅野美穂(川本世津子/かわもとせつこ役)

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の重要人物の川本世津子(かわもとせつこ)を演じるキャスト菅野美穂(かんのみほ)さんについて紹介しています。

 

また、菅野美穂さんが演じる川本世津子がどんな役どころで、どんなところが見どころになってくるのかについても後半に詳しく解説していきます。

 

少しだけ説明すると、川本世津子さんはひよっこの後半のキーパーソンになる存在です。詳細については後半をご覧くださいね。

 

その前に、まずは菅野美穂さんについてどんな女優なのか。これまで出演の作品・代表作などについてみていきましょう。





菅野美穂はどんな女優なの?

菅野美穂さんは1977年8月22日生まれの現在39歳です。出身は埼玉県になります。女優業の他にもタレントとして、またドラマの役名で歌手としてCDデビューをしたことがあります。

 

その顔立ちの美しさから化粧品会社のCMに起用され、菅野美穂さんに憧れている女性は多いかと思います。さらに女優として様々な賞を、デビューしてから今までおよそ22個受賞しています。

 

プライベートでは2013年に「大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉編]」での共演を契機に俳優堺雅人さんと結婚し、2015年には男の子を出産しています。

 

育児から今は仕事をセーブしながら女優を続けています。そんな女優としてプライベートも充実している菅野美穂さんの女優としての顔をもう少し深く覗いていきたいと思います。

 

先ほどもお話しした通り菅野美穂さんは数多くの作品にて賞を受賞していることから演技には確固たる定評があります。今まで演じてきた役もふり幅が非常に広いです。

 

多重人格者や迫力ある悪女、聴覚障碍者などそれぞれの役に菅野美穂という色を付けくわえながら、完璧に演じています。演技の形として憑依型であるのか自然体にこなし観ている側を自然と作中の世界観に引き込むのが上手な女優さんです。

 

菅野美穂さんの演技のレベルを引き上げ演技派として知名度を上げたのが連続ドラマ初主演の「イグアナの娘」です。「イグアナの娘」は今回の「ひょっこ」同様に岡田惠和さんの作品です。

 

母親から顔がイグアナに見えられ愛してもらうことができず、さらに自分が子供を授かったときもこどもがイグアナに見えどのようにして愛していいかわからないというようなファンタジー要素を織り交ぜた作品になっています。

 

なかなかない設定で題材的に難易度も非常に高かったと思います。しかし、それをきちんと演じきり好評を得る演技力の高さは素晴らしいです。そして、ひよっこ同様に佐藤仁美さんと共演しています。

 

また、岡田惠和さんの作品には「ちゅらさん」でも出演しており岡田さん自身が戦友と明かすほどの存在になります。脚本家として成長した岡田惠和さんと菅野美穂さんは同じように成長してきているのです。

 

しかも、菅野美穂さんは前回の朝ドラ「べっぴんさん」でも母親兼ナレーターをしていました。そのため、岡田惠和さんが無理を言って出てもらったというほどです。それだけ、今回の作品にも菅野美穂さんが欠かせない存在ということです。

 

2作品連続での出演というのは、これまでの朝ドラではじめてだと言います。個人的には菅野美穂さんのミステリアスな空気を含んだ役柄の演技が好きなので「ひよっこ」でもそんな役を期待しています。




ひよっこの川本世津子の見どころ

ひよっこの中で、菅野美穂さんが演じる川本世津子(かわもとせつこ)は、子役時代からスターの超人気の女優になります。すずふり亭ではじめてみね子(有村架純)と遭遇します。

 

そして、みね子がテレビコマーシャルに出演するときにセリフで困った時に助けてくれるのが川本世津子になります。それ以降、みね子と川本世津子はなにかと縁ができます。

 

なので、後半のみね子にとっておおきな関係になります。みね子が今後どのような道に進んでいくのかの大きなきっかけを与える人物です。

 

見どころとしては、はじめてのすずふり亭で会うところ。そして、テレビコマーシャルに出演した後に助けてくれるところといったところでしょうか。

 

ちゅらさんでもそうでしたが、菅野美穂さんが岡田惠和さんの作品ではとっても重要な人物でしかもプライドが高い人物になります。なので、今回もみね子とのかけあいが楽しみですね。

 

岡田惠和さんが川本世津子のキャストは菅野美穂さんしかいないというのですから、どんな形になるのか楽しみでなりません。ひよっこで今後、最も気になるキャストですね。





関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)