ひよっこ第66話の感想・あらすじ「お見合い38回」

アパート
このページは、朝ドラ「ひよっこ」の66話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第66話のタイトルは「お見合い38回」です。

ひよっこの65話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)はすずふり亭ではじめてお皿を割って落ち込みます。そのことで、省吾(佐々木蔵之介)がいろんな話をしてくれました。

その続きとなるひよっこ第66話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。



ひよっこ66話のあらすじ

今日も一日仕事が終わりました。男の人たちは飲みにいきました。女性陣は、銭湯に時々行きます。そして、ぐっすりと眠るみね子は、目覚ましをかけ忘れてしまいます。

あかね荘の早苗(シシド・カフカ)はみね子の目覚ましがなる時間に起きます。しかし、目覚ましがならないのでなぜか気になります。みね子が起きないので大丈夫なのか?

そんなことを想って、みね子の部屋の戸をどんどんと外からたたきます。その音で目が覚めるみね子。その音が気になった島谷純一郎(竹内涼真)と啓輔(岡山天音)が外をみると早苗がいました。

みね子は自分で起きたと勘違いして、すずふり亭に出勤しました。翌日、休日にかかわらず目覚ましが鳴ります。早苗が今日は、休みでないの?早く止めろ。そういってドアをたたこうとした瞬間に止まります。

みね子は、休みの日に間違えて目覚ましをかけていたのです。あかね荘の踊り場にみね子が行くと、そこにはすでに早苗がいて島谷純一郎もそこにやってきました。

純一郎が仲良いんですね。と声をかけると、早苗と口喧嘩をしだします。そこに、啓輔もやってきます。早苗は、純一郎や啓輔のことをボロカスに言います。

純一郎がそういう性格だから、見合いを40回も断られたんですね。と早苗に話します。早苗は38回とみね子にいいます。あまりに詳しい内容を知っている全員に、みね子はなんでお互いそんなに詳しいのか。

そうたずねます。すると、一様に大家さんに聞いたというのです。大家の部屋に行くと、富(白石加代子)は純一郎の実家に電話して近況を報告しながら、美味しいものを目当てに電話しているのでした。

みね子の家には、電話がなかったのでよかったですが、純一郎以外の家にも電話しているのでした。ひよっこ66話の感想はここまで。ひよっこ67話の感想につづく。




ひよっこ66話の感想

ひよっこ66話のあらすじは、面白いストーリーでしたね。なんちゅうか、びっくり箱のようなあかね荘の住人でした。その中でも断トツに際立っているのが、早苗ですよね。

相手を攻撃的にボロカスに言う毒舌ぶりは、頼もしい限りです。しかし、それがきっかけでお見合いを38回も断られているんですね。なんか、あの一面を見ると仕方ないかなって思います。

でも、早苗は純一郎がいうように実は優しいのかもしれませんね。いくら、みね子の部屋の目覚ましがならないからって起こしにいったりしないですよね。

どんどんとドアをたたいてってちょっと古典的ですけど、みね子はそれすら気付いていないんでびっくりです。しかし、壁がうすいって大変ですよね。隣の目覚まし時計で起きてしまうとかって。

確かに、リーンってなるのが大きい音ではあるんですけどね。隣の部屋の人からすると、休みの日につけて、仕事の日につけないとかってホント迷惑以外のなにものでもないです。

早苗が怒っていることすら気付いていないみね子もすごいっちゃすごい気もします。そうやって考えると、あかね荘の面々は、みね子も含めてびっくりハウスのような感じです。

売れないってか・・・ずっと売れそうにない漫画家もいますしね。そして、何よりも大家の富がとんでもないですね。近況を実家に電話で報告しておいしいものをねだる。

赤坂小町って言われただけのことはあるのかも。そういったものをもらうコツみたいなのを心得ているんでしょう。それがすごくこわかったです。ひよっこ66話の感想はここまで。ひよっこ67話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

ひよっこ第67話の感想・あらすじ「コックになった理由」

ひよっこ第12週ネタバレ・あらすじ「内緒話と、春の風」

ひよっこ第65話の感想・あらすじ「省吾が抱えているもの」

ひよっこのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)