べっぴんさん(25話)あらすじ「潔の逮捕!」感想

手錠
こんにちは。このページでは、朝ドラ「べっぴんさん」の感想あらすじをお伝えしてんね。第25話(10月31日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「潔の逮捕!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

べっぴんさん25話のあらすじ!

べっぴんさん24話のあらすじで、すみれ(芳根京子)たち4人の店がいよいよオープンしてんね。その最初のお客さんが来たところで終わってんね。べっぴんさん25話のあらすじは、その続きから始まってんねな。

最初のお客さん第1号は、五十八(生瀬勝久)やってんね。すみれに元気やったかと入ってくる五十八。井口忠一郎(曽我廼家文童)が五十八がいてもたってもおられへんようになって来たというねんな。

五十八は、すみれたちが作った商品の品質のよさに驚くねんね。そして、明美(谷村美月)を見た五十八はマツの娘だということに気付き、マツにはお世話になったとお礼を言ってんね。明美は、そのことに少し悩んでてんね。

大事なお嬢さんと使用人の子供が一緒に働くなんてどう思ったやろな。そうつぶやくねん。そこに、麻田(市村正親)は言葉通りだというねん。マツさんには大変お世話になった。その娘さんということだというねん。

そして、麻田は明美に物事はまっすぐ見るべきだというねん。せやないと、すべてが曲がってしまうと明美に話すねんな。その後、いつもすみれの店に来てくれてた商店街の人たちもやってきてんな。

しかし、その商品に一つも値札がついてへんねな。五十八に値段つけな始まれへんやろとすみれは言われてん。一方、大阪のゆり(蓮佛美沙子)のところでは潔(高良健吾)が逮捕されてしまってんな。そのため、ゆりは闇市に一人残されてしまってんな。

すみれの店では、五十八が値札をつけへんというのはどういうことやと怒られてん。値段つけんとどうやって儲けるねん。この商品にどういう想いを載せて売りたいんや。そうやって問い詰められるすみれ。

すみれは、なんか新しくて便利な明美の育児の方法をこういう商品に載せて広めたいと思う。こどもたちが快適に過ごせるように。こどもたちが健やかに成長できるように。

五十八は、そういう想いを載せた値段をつけるように言われてんね。すみれは、いくらやったらええ思いますか。そういってお客さんに聞いてん。10円で買うという商店街の人たちに、すみれは今日は特別にということでプレゼントすることにしてんな。

五十八は、おいおいという表情をしててんけど、忠一郎に昔の五十八を見るようやったと笑いながらいうねん。そこにゆりが到着してんね。潔が警察に連れていかれて逮捕されたということを五十八に話してんね。

そのゆりの困っているような様子を見たすみれの心はざわつくのでした。べっぴんさん25話のあらすじはここまで。べっぴんさん26話のあらすじにつづく。




べっぴんさん25話の感想!

べっぴんさん25話のあらすじをまとめると、すみれたちの店がオープンして何人かが店にくるという回でしたね。また、潔が闇市の乱闘騒ぎで逮捕されるという回でもあってんな。

それにしても、毎回思うことやねんけど、麻田はええ味を出していますよね。麻田は本当にかっこええおじさんやなって思うねん。ああいうおっちゃんに私も将来なりたいな・・・そんなことをいつも感じてんな。

せやけど、さすがに値段をつけてへんってちょっと・・・ですよね。私が客の立場であればどうやろ。怖くてよう店に入れへんわいね。どうしても、怖いですよね。いくら取られるのかわかれへんみたいな。

やんんで、五十八が値段つけずにどうするのっていう気持ちもすごいよくわかるねん。儲けていかな店も続けることができひんですからね。そこのところはちょっと、今後考えていかなあかんですよね。

いくら、信用が第一だと言ってもさすがに値段がないと怖くて店も入れへんもん。原価や手間賃を入れた値段にしいひんと儲けられへんもん。買う方は、戦後で貧しいんやからそりゃあ安kれば安い方がいいって思いますよね。

今後、どうやって値段を決めるのかってのが重要になってきますよね。すみれだけでなく、ほかの3人にもその感覚がないところがちょっと不安ですけど・・・その辺りは明美が一番いんでしょうか。

シビアにいかんとあかんこともありますからね。一方、潔の方はどうなるんですかね。警察に捕まるほどの大騒ぎになってしまったんですね。なんか、闇市って闇でやっていたものだけにどんな扱いされるんか怖いですよね。

誰か死人とか大けがしている人間が出ているなんてことでなかったら、そんな大事にならんとは思いますが気になりますよね。何よりも、ゆりが一人だけでいてるから五十八としては心配ですよね。

そんな話をしている時に、すみれがのほほんとやってきてんけど、なんか明らかに空気が違うってのがわかったんでしょうね。どうしたんって?ゆりの表情を見るとただ事でないっておのがすぐにわかりますもんね。

今後、すみれの店がうまくいくのかってのと同時に、潔たちの大阪に住む人たちがどのようになっていくのかも注目ですね。五十八がどんな行動を起こすのか。それも気になります。べっぴんさん25話の感想はここまで。べっぴんさん26話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

べっぴんさん(24話)あらすじ「看板かわりの子供服」感想

べっぴんさん第5週ネタバレ・あらすじ「お父様の背中」

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

べっぴんさんモデルのストーリー・あらすじはコチラ(楽天)

べっぴんさん第6週ネタバレ・あらすじ「夫婦の絆」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)