古川雄輝(村田健太郎・むらたけんたろう役)

このページは、NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」のキャストの中で、君枝(土村芳)と昭一(平岡祐太)の長男・村田健太郎(むらたけんたろう)のキャストになる古川雄輝(ふるかわゆうき)さんについてお伝えしてんな。

 

また、古川雄輝(ふるかわゆうき)さんが「べっぴんさん」の中で演じる健太郎がどんな役どころなのか。見どころはどこにあるのかについても後半で詳しく解説していくんやんね。

 

簡単に説明すると、すみれ(芳根京子)の娘・さくら(井頭愛海)の同級生役やんな。せやから、今後の出演はなにかと増えてくることが予想されるねん。詳細は後半でみていきます。

 

その前に、まずは古川雄輝さんがどんな役者なのか。これまでどんな作品に出演してきた俳優さんなのか等について詳しくみていきたいと思うんやんな。

 




 

古川雄輝はどんな俳優なの?

古川雄輝(ふるかわゆうき)さんは、1987年生まれの現在29歳になるんやんね。出身は東京やねんけど、カナダやニューヨークに長く住んでいたこともあり、英語がペラペラの帰国子女の俳優さんやんな。

 

事務所は、ホリプロで相当力を入れている俳優さんやと思うねん。そのため、映画やドラマでも若くして主演をすることが増えている役者さんですね。イケメンということもあり期待値がすごく高いですね。

 

もう、あとはヒット作に恵まれれば一気にブレイクするといった俳優さんになると思います。なので、今回の朝ドラ「べっぴんさん」がそのきっかけになるかもしれへんね。

 

主演以外でも、映画「永遠の0」や「脳内ポイズンベリー」に出演してんねな。ドラマでは、フジの月9「5→9」や世にも奇妙な物語などに出演してるんやんな。

 

NHKについては、これまでに大河ドラマ「八重の桜」に出演してるねん。ただ、NHKに多く出演しているかと言えばそんなことはあれへんねな。この大河ドラマ以外でNHKへの出演があれへんねん。

 

なので、今回の「べっぴんさん」の出演をきっかけに国民的な俳優に駆け上がる可能性がある俳優さんやと思うねん。英語もできることから、日本で成功すると世界でも通用するような俳優になれる可能性もあるねんな。

 

そのため、古川雄輝さんは可能性に満ち溢れている。そんな役者さんになると思うねん。将来的には渡辺謙さんのような世界的な俳優になるかもしれへん。べっぴんさんの出演の後も注目しておきたい芸能人になると思いますよ。チェックしといてくださいね。

 




 

べっぴんさんでの健太郎の見どころ

そんな古川雄輝さんが「べっぴんさん」で演じる村田健太郎は、さくらに恋心を抱く優等生になるんやんな。勉強がすごくできるけど、さくらには気持ちを伝えることができへんねな。

 

また、さくらがナイトクラブなどに行くようになることをなんとか止めようとしてんな。それだけ、さくらのことを想っている人物になんねん。なので、一番の見どころとしてはこの健太郎の気持ちがどうなるのか。

 

さくらへの想いが届くことが今後あるのかどうかというのが一番の見どころになるんやんな。さくらは、河合二郎(林遣都)に思いを寄せているためになかなかうまくいかない健太郎の純粋な恋。

 

これは、一つの「べっぴんさん」の注目の見どころになっていくんやんな。さくらはちょっとやんちゃな道に進んでいきますが、健太郎は真面目一直線。そこがまた対照的で見どころの一つやねん。

 

幼馴染相手の恋はどこかあまずっぱいところがあるので、そういった気持ちをどのようにキャストの古川雄輝さんが表現するのか。未来にトップ俳優になるであろう古川雄輝さんの演技についても注目ですね。

 

あなたにおススメのページ

井頭愛海(坂東さくら・ばんどうさくら役)

土村芳(田坂君枝・たさかきみえ役)

平岡祐太(村田昭一・むらたしょういち役)

森永悠希(小澤龍一・おざわりゅういち役)

べっぴんさんの原作・ファミリアのストーリーはコチラ(楽天)

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)