市村正親(麻田茂男・あさだしげお役)

このページでは、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストについてご紹介してんねな。その中で、ヒロイン・すみれ(芳根京子)の父が運営する坂東営業部と取引のある靴職人・麻田茂男(あさだしげお)を演じる市村正親(いちむらまさちか)さんについてお伝えしてん。

 

それに併せて、市村正親さんがキャストの麻田茂男がべっぴんさんでどんな役どころか。見どころはどこにあるのか。そのことについても詳しく解説してんな。

 

少しだけ説明すると、靴職人としての腕が一流で坂東営業部の坂東五十八(生瀬勝久)からの信頼も厚いんやんな。その他の詳細については後半にまとめてるから、そちらをご覧くださいね。

 

その前に、まずは市村正親さんがどんな俳優さんなのか。これまでどんな作品に出演してきたのかなどをご紹介していきますね。




市村正親はどんな俳優なの?

市村正親さんは、1949年生まれの現在67歳の俳優やんね。出身は、埼玉県になるねんね。奥さんは女優として有名な篠原涼子さん。若い世代には、篠原涼子さんの旦那さんとして有名な俳優さんでもありますね。

 

どちらかというと、長年舞台俳優として活躍してきた俳優さんになんねな。舞台「オペラ座の怪人」では人気になり、歌手として紅白歌合戦に出演したこともあるほどです。

 

基本的には舞台俳優さんやねんけど、2000年以降はテレビドラマや映画にも出演が増えてんな。テレビドラマでは、「古畑任三郎」や「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」、「ATARU」などに出演してんねな。

 

NHKでは、大河ドラマに2作出演してんねん。1980年に「獅子の時代」、2011年に「江?姫たちの戦国?」に出演してんねな。特に、「江?姫たちの戦国?」については、明智光秀を熱演し市村正親さんの代表作の一つになってんねな。

 

ただ、朝ドラについては「べっぴんさん」が初めてやねんね。「江?姫たちの戦国?」の活躍が認められての起用やねんねきっと。今回の朝ドラでも、すみれの道しるべになる役やねんからとても重要な役になってくるんやんな。




べっぴんさんで麻田茂男の役どころ・見どころ

そんな市村正親さんが朝ドラ「べっぴんさん」で演じるのは、靴職人の麻田茂男やねんね。坂東営業部に出入りする靴職人の一人で、自ら神戸の靴店「あさや」を営んでんやんね。

 

普段は人当たりもよく優しい性格だが、ひとたび仕事になるとその表情は一変し、まじめで妥協を許さない職人になるねんな。そのため、すみれも麻田茂男から物づくりのイロハを学ぶ師匠のような存在やねんね。

 

すみれが、子供服を販売始めることに対し後押しをしてくれる存在で自らの靴屋の一角をすみれたちに間貸ししてんやんね。なので、すみれにとって商売を始めるに際し重要な存在になるねん。

 

見どころとしては、幼いころからすみれとは関係性があるので、それがどのように変化していってショーケースの一角を貸してくれるようになるのか。すみれの起業にどのような影響を与えるのか。

 

その辺りが一番の見どころになると思うんやんね。ダンディな市村正親さんの演技が気になりますね。職人には本当にいいキャストだと思うねん。かっこいい職人になるんちゃうかな。

 

あなたにおススメのページ

生瀬勝久(坂東五十八・ばんどういそや役)

芳根京子(坂東すみれ・ばんどうすみれ役)

べっぴんさんの原作・ファミリアのストーリー・あらすじはコチラ(楽天)

菅野美穂(坂東はな/ナレーション役)

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)