べっぴんさん第2週ネタバレ・あらすじ「しあわせの形」

べっぴんさん2週
このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の2週「しあわせの形」のネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。

 

べっぴんさん第1週のネタバレ・あらすじで、坂東すみれ(芳根京子)の最愛の母・はな(菅野美穂)が亡くなってしまってんな。

 

また、坂東すみれ自身が気付かないうちに思いを寄せていた野上潔(高良健吾)に戦争の招集通知がやってきたことで、すみれも落ち込むんやんね。

 

その続きとなる「べっぴんさん」2週のネタバレ・あらすじは、下記にのせています。その前に、2週の1話ずつの個人的な感想のリンクを貼ってくねんな。

べっぴんさん(7話)あらすじ「ゆりの公開プロポーズ!」感想

べっぴんさん(8話)あらすじ「淡い初恋は失恋!」感想

べっぴんさん(9話)あらすじ「すみれに縁談!」感想

べっぴんさん(10話)あらすじ「すみれに赤ちゃん・・・」感想

べっぴんさん(11話)あらすじ「さくら咲く赤ちゃん!」感想

べっぴんさん(12話)あらすじ「疎開先での終戦!」感想

 

べっぴんさん第2週全体のネタバレあらすじを開始します。タイトルは「しあわせの形」やねん。ネタバレをみたくあれへん人はみないようにご注意くださいね。べっぴんさん2週ネタバレの始まりです。

 



 

べっぴんさん2週 ネタバレ・あらすじ

潔の召集令状が届いて、ショックを受けていたのはすみれだけやあれへんかってんな。ゆり(蓮佛美沙子)もすみれと同じように、潔に思いを寄せててんね。そんな、ゆりに父の五十八(生瀬勝久)が縁談の話をもってきてんな。

 

せやけど、ゆりはその話を断固拒否してんね。その時に、坂東営業部に向かい自分の英文の経済学の本をみせ、実質的トップの野上正蔵(名倉潤)に実力をみてくれと願いでてんね。

 

一緒にいてた五十八は怒るねんけど、潔はその気迫も面白いと感じてんな。その晩、正蔵と潔が五十八のもとを訪ねて今後の坂東営業部のことについて相談にきてんね。そこにゆりはチャンスと思い爆弾発言してん。

 

ゆりは、潔を愛しているので潔と結婚したいと言ってんな。みんなは驚き唖然としてんけど、五十八は殴りかからんばかりに怒ってんな。そのため、正蔵と潔はその場を後にしてんね。

 

せやけど、ゆりはなぜ五十八が潔とのことを反対するのか理解できひんと思ってんな。ただ、潔は野上夫妻の養子で跡取りになるねんね。せやから、五十八は強く反対しているということを知ってんな。

 

それを聞いたゆりは、言葉を失うねんね。しかし、その後話は急転してんな。なんと、正蔵がやってきて五十八に潔を婿入りさせることをお願いしにきてんね。

 

正蔵は、ゆりと潔が思いあってると考え婿入りしてもいいから結婚させてやりたいと思ってんやんな。その想いを聞いた五十八は、ゆりを野上家へ嫁にだすことを決意してんな。

 







 

ゆりと潔が結婚

そして、五十八は戦地に赴く潔を激励しゆりを頼むと頭をさげてんね。すみれの初恋はこうしてはかなく散ってしまうねん。戦争中ということもあり、結婚式は近親者だけで行ってんな。

 

結婚式には、五十八の実家から祖母の坂東トク子(中村玉緒)と叔父の長太郎もかけつけてんな。トク子はハイカラな豪邸を見て喜ぶねんけど、長太郎はおもしろくなさそうやってんね。

 

その結婚式には、田中五郎(堀内正美)と紀夫(永山絢斗)もきててんね。紀夫は、五郎が経営する商船会社で働いててんね。すみれは、紀夫は子供のころから無口なので何を考えてるかわからない印象しかなかってんね。

 

せやけど、紀夫は潔くんのこと思ってたんでしょ?ゆりの結婚相手やのにと言われて、すみれはびっくりして、なぜそんなことを私に伝えてきたのか混乱してんな。

 

その晩、すみれはトク子に五十八が実家でどんなだったかを教えられてんな。次男であった五十八は、顧客を拡大しててんけど本家が傾いていたために顧客を長男の長太郎に譲ることになってんな。

 

それから、はな(菅野美穂)と五十八で坂東家を飛び出し一緒に頑張って坂東営業部をここまで大きくしたと聞くねんな。せやからすみれは、ゆりが嫁入りしたということの意味の大きさを感じることになんねな。

 

その後、ゆりは坂東営業部で正蔵のもとで働くんやんね。そして、すみれの友達の多田良子(百田夏菜子)は見合い結婚してたんやんな。そんなころにすみれにも縁談の話が持ち上がってん。

 

すみれと紀夫が結婚

その縁談相手を素直に受け入れると話したすみれ。坂東家をたやしたくない。その想いだけで、相手が誰であろうと受けるつもりやってんね。せやから、その相手を知ったときは驚いてんな。

 

なんと、その縁談相手は紀夫やってん。五十八は素直に縁談を受けたすみれに喜ぶねんな。翌日、すみれのもとに麻田茂男(市村正親)がやってきてんな。

 

はなとの約束通り、靴を採寸してウエディングドレスもはなの形見となったものを着用してんな。そして、結婚式当日に紀夫がすみれにはなしてんな。あの時はすみません。キレイです。

 

ゆりの結婚式の時に、言い過ぎたと紀夫は反省しててんね。すみれは、それまで無口で何をかんがえてるかわからなかったのですが、キレイですと言われたことが嬉しかってんな。

 

結婚式には、良子や君枝(土村芳)もきてくれてんな。良子は一足先に結婚しましたし、君枝も結婚が決まっててんね。久しぶりに学生時代に2人と話しができたことがうれしかってんね。

 

紀夫は、坂東家に入り坂東営業部に入ることになってんな。きれい好きで、一番最初にやってきて整理整頓から初めてんな。数字に強く仕事もよくできる。紀夫はそんな人物やってん。

 



 

すみれの子供・さくら誕生

結婚後、数ヶ月たってすみれが紀夫に恥ずかしそうに話すねんな。赤ちゃんができた。そう伝えると、紀夫はテラスで雄たけびをあげてんな。紀夫が最上級で喜んでてんな。

 

そんな幸せな生活を送っていたすみれに悲しみが訪れるんやんな。なんと、紀夫に招集令状がやってきてん。すみれは妊娠7ヶ月。子供がうまれるまえに戦地に向かうことになった紀夫は、子供の名前をすみれに託してんな。

 

そして、紀夫はすみれらに見送られ戦地に向かっていってんねな。すみれはいつまでも、紀夫の背中を見続けていてん。その3か月後、すみれは女の子を産んでんな。名前は「さくら」

 

偶然にも、その日に戦地の紀夫から手紙が届いてんな。それがすみれにとってはなによりもうれしかってんな。戦争が続く中での子育ては大変やってんね。食料不足が深刻でいつも困っている状況やってん。

 

栄養不足を補う方法はなく、すみれのおっぱいは出る量が著しく少なく、さくらもぐずることがおおかってんね。しかも、粉ミルクの配給もなかなかやってこない。そんな折に、近所に住むイギリス人のクリスティーナが粉ミルクをわけてくれてんね。

 

クリスティーナはイギリスに帰るから、粉ミルクは必要なくなったという理由でくれてんね。このころ、クリスティーナは日本人を招き育児教室を開いててんね。その育児教室にエキスパートとしてやってきたのが、明美(谷村美月)やってん。

 

明美について、かつてお菓子をあげた女の子だとは気づかへんかってんな。人数が多く外からみるすみれですが、明美は正方向の布を赤ん坊におしめ代わりに巻いててんね。それをそこにいたイギリス人に教える。

 

その光景をただ遠くからすみれは見ることしかできひんかってんね。その晩、すみれは家で同じようにやってみてんけどなかなかうまくいかへんかってんな。昭和20年。戦争は激化して坂東営業部が統制会社に吸収合併する形にされてんね。

 

戦争が激化し疎開するすみれたち

そのため、実家の近江の坂東トク子を頼って疎開することになってんな。もちろん、そこにはゆり、すみれ、さくらなども一緒やってん。せやけど、実家とはいえ本家の人たちはトク子以外、どこか冷たいんやんね。

 

そのため、すみれたちはとても肩身のせまい思いをしててんね。そんなある日、五十八は神戸の自宅を見にいってんな。すると、神戸は空襲で家が土台だけになっててんな。命からがら逃げてきた五十八はボロボロの状態になっててん。

 

日本は、その2か月後に終戦を迎えることになってんやんね。戦争が終わった翌月、すみれは神戸に戻ってんな。そこは、あたり全体が焼け野原で、すみれの家はかろうじてある状態やってん。そして、大切なウエディングドレスは半分焼けている状態やってん。

 

思わず泣きそうになってんけど、さくらがすみれを見て笑ってんな。その様子をみたすみれは、守るべき娘がいることで踏みとどまってんな。戦争が終わったんだ。ただ前に進むしかない。

 

そう考え、そこに「坂東家は近江にいます」との立て看板だけ残して、神戸を後にしてんな。べっぴんさん第2週のネタバレ・あらすじはここまで。べっぴんさん第3週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

あなたにおススメのページ。

べっぴんさん第3週ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

べっぴんさん 紀夫の今後をネタバレ!

べっぴんさん第1週ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想はコチラ!

べっぴんさんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

坂野惇子の家系図と実在モデル一覧はコチラ!