MENU

べっぴんさん第7週ネタバレ・あらすじ「未来」

桜

 

 

このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の7週「未来」のネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。

 

 

 

べっぴんさん第6週のネタバレ・あらすじで、すみれ(芳根京子)の店に君枝(土村芳)と良子(百田夏菜子)が戻ってきてんやんな。

 

 

 

一方のすみれは、6週の最後に紀夫(永山絢斗)のことはもう忘れて欲しいと、田中五郎(堀内正美)から言われてとてもショックを受けてんな。五郎夫妻は戦死を覚悟しててん。

 

 

 

その続きとなる「べっぴんさん」7週のネタバレ・あらすじは、下記にのせています。べっぴんさん第7週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

 

 

タイトルは「未来」やねんね。べっぴんさんのネタバレをみたくあれへん人はみないようにご注意くださいね。べっぴんさん7週ネタバレ「未来」がいよいよスタートします。

 

 


Sponsored Link

 

 

べっぴんさん7週 ネタバレ・あらすじ

 

 

五郎は、すみれに紀夫のことは忘れて新しい人生をスタートさせてほしいとお願いされてんな。せやけど、すみれとしては紀夫のことを待ちたいという希望をもってるんやんね。

 

 

 

君枝や良子は、戦争から夫が戻ってきているだけに自分もという思いもあるが、一人では心細い面ももちろんあってんね。せやから、余計に五郎の言葉が重くすみれにのしかかってん。

 

 

 

一方、お店の方は二軒となりのところに空きスペースができていてんな。これまで、あさや靴店を間借りしててんけど、赤ちゃん相談室などを行ったときは人がいっぱいになって麻田茂男(市村正親)に迷惑をかけててんね。

 

 

 

せやから、いずれは場所をうつすことを考えなあかんかってんね。そこのスペースはこれまでよりも3倍のスペースもあるので、子供服を展示できたりとかなりいろんなことができるようになってんな。

 

 

 

五郎に紀夫の話をされてからふさぎこんでいたすみれの気持ちが仕事に向かっていってんな。良子たちも仕事の面で一緒にサポートしててんな。そして、栄輔(松下優也)もまたすみれの親子にとってはありがたい存在やってん。

 

 

 

特に娘のさくらは、栄輔のことを本当の父親のようにしたっててんな。一方、ゆり(蓮佛美沙子)はしばらくすみれと一緒にいたが、梅田に戻っていってんな。

 

 

梅田では、闇市の改革が五十八(生瀬勝久)の提案で根本を中心に行われててん。改革反対派の玉井がゆりのところに嫌がらせをしてきても、毅然とした態度で追い返してん。

 

 


Sponsored Link

 

 

栄輔とすみれが急接近

 

 

その様子を見た潔(高良健吾)は、ゆりが本来の力が戻ってきたと感じてんね。一方の移転を決定したすみれたちは、よい生地を以前テーブルクロスの作成したリサの手助けで手にいれてんな。

 

 

 

そして、その生地を使っていくつものかわいい服をつくってん。商店街の人たちにそのつくった商品を見せると好評やってんな。そこに潔と栄輔がやってきて、すみれの仕事ぶりに感動してん。

 

 

 

その晩、栄輔がすみれのところにやってきて、さくらと一緒に遊ぶねんな。そして、栄輔が帰ろうとするとさくらが栄輔の服を引っ張り引き留めてんな。見かねた喜代(宮田圭子)が栄輔に泊まっていくようにお願いしてん。

 

 

 

さくらが寝た後に、栄輔とすみれは自分の家族について話てんね。栄輔は傘工場を営む両親と娘と一緒にこれまで暮らしてきたことを話してんな。すみれは、はな(菅野美穂)の四葉のクローバーの話をすんねな。

 

 

 

そこに、寝ぼけた状態のさくらがやってきて栄輔の足にちょこんと座ってお父さんと言ってんね。すみれは、栄輔に謝るねんけど栄輔はそれがうれしかってんな。

 

 

翌朝、栄輔は桜のつぼみをみて今年は桜が満開の時に3人で一緒に花見をしようと約束してんね。その日、店の周辺は喪服の人が多く通りかかるねんな。よく店にきてくれる時子の夫が戦死してたことがわかってん。

 

 

 

そのことを聞いたすみれは、紀夫もという不安を感じ五十八のところに相談に行くねん。せやけど、五十八は紀夫のいない人生をそろそろ考えてもいいんちゃうかと言われてなおさら不安になってんね。

 

 

 

栄輔は、すみれのことを支えたいという思いがあってんけど、そのことを潔から注意されてんね。あくまで坂東営業部は紀夫が社長で、自分たちはその部下だからそのことを忘れないようにいうねん。

 

 

 

すると、栄輔は清に番頭の息子という気持ちがずっとあるから五十八に遠慮したり、ゆりにもはっきりものが言えないのだと言われてんな。潔はその言葉に返す言葉がなかってんな。

 

 

 

潔は、その言葉でゆりに仕事のことをお願いする決心をしてんね。ゆりに近江で品質のよい糸や布を仕入れる仕事をお願いしてん。すると、ゆりはやっと自分を頼ってくれたと喜んで近江に行くことにしてんね。

 

 


Sponsored Link

 

 

紀夫からの手紙

 

 

一方のすみれはずっと悩んでいてんな。紀夫を待つべきか。それとも、もう忘れるべきか。そんなある日、紀夫から手紙が届いてんな。桜の咲くころに戻ります。そんな短い手紙やってん。

 

 

 

せやけど、すみれは大喜びでこのことを五十八や潔に話してん。栄輔は複雑な表情をしながらも祝福してんね。もちろん、職場の良子や君枝、明美(谷村美月)も大喜びしてくれてんな。

 

 

 

それからしばらくして、五十八と潔、ゆりは近江の坂東本家に行ってんね。ゆりが糸や布の仕入れをするためやねん。そのため、ゆりを預かってほしい。そう長太郎に五十八がお願いしてん。

 

 

 

長太郎は、乗り気でなかったがトク子(中村玉緒)がそこをなんとかとりなして、住まわしてくれることになってんね。一方、すみれたちは場所を変えると同時に店の名前を変更することにしてんな。

 

 

 

名前は「キアリス」になって。君枝のき、明美のあ、良子のり、すみれのすという四人の頭文字をとったものを店の名前にしてんな。ロゴには、四葉のクローバーにリスを加えることになってんね。

 

 

 

春になり、栄輔は一人桜を見上げてんな。同じころに、すみれは自宅周辺の満開の桜の下を娘のさくらと一緒に歩いててん。そこに紀夫が帰ってきてんな。べっぴんさんネタバレ・あらすじ7週はここまで。べっぴんさんネタバレ・あらすじ8週につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ。

べっぴんさん第8週ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

 

べっぴんさん第6週ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

 

べっぴんさん 紀夫の今後をネタバレ!

 

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想はコチラ!

 

べっぴんさんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

坂野惇子の家系図と実在モデル一覧はコチラ!

 

 

 

 


このページの先頭へ