まんぷく第73話「三田村会長の死」感想

このページは、朝ドラ「まんぷく」の73話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第73話のタイトルは「三田村会長の死」です。感想については放送終了後にお伝えします。

 

まんぷく72話のあらすじで、福子(安藤サクラ)は萬平(長谷川博己)の作った「たちばな栄養食品」の解散を従業員一同に伝えます。従業員全員が涙した感動のストーリーでした。

 

その続きとなるまんぷく第73話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、73話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「三田村会長の死」です。

 



 

まんぷく73話のあらすじ

たちばな栄養食品から税金をとれなかったことをGHQから責められどうにかしろと言われてしまいます。このままでは、GHQに押し付けられている目標金額に届かないとため息をつく財務局の職員。

 

年が明けて福子(安藤サクラ)たちは克子(松下奈緒)の家に居候することになります。鈴(松坂慶子)はまたここで暮らすことになったとため息をつきます。

 

福子は、東京の萬平のところに面会に行っていました。新しい職場に変わったことを報告したのです。萬平は東弁護士(菅田将暉)にお礼をいいます。そして、福子たちは泉大津を去ったことも伝えます。

 

萬平は、子供の名前を決めていて男の子だったら「太(ふとし)」、女だったら「幸(さち)」にしたいといいます。やがて、面会の時間が来て東先生と福子は大阪に戻ります。

 

三田村会長(橋爪功)のところに、お見舞いに行った福子と東先生。三田村会長は、最後に会えてよかったそう言って喜びます。三田村会長は、世良(桐谷健太)と東先生に席を外させます。

 

そして、福子に生きてさえいれば希望はあると言ってくれます。負けるなよ。最後まで萬平を支えるのは福ちゃんだけで、どんなことがあっても笑っていなさい。

 

その言葉を残し、3日後に三田村会長は息を引き取ります。まんぷく73話のあらすじはここまで。まんぷく74話のあらすじにつづく。

 

まんぷく73話の感想

まんぷく73話のあらすじは、もうちょっとで福子の子供が生まれるってところで、これまでお世話になってきた三田村会長が亡くなりました。

 

三田村会長には、もうちょっと元気で長生きしてほしかったですね。経済界の重鎮で、困ったときにはみんなを支えてくれていました。萬平と福子もとてもお世話になりましたね。

 

だから、別れはつらいけど福子の子供が生まれ代わりだっていっていた言葉はとても印象的でしたね。半分冗談で半分本音なのかなって思いました。

 

あと、もう一つ生まれてくる子供の名前。萬平はすでに考えていましたね。「太」も「幸」も名前ですね。「源」も一文字ですし・・・苗字と合わせて3文字っていうのがこだわりなのかな?

 

なんかそんなことを思いましたね。源の時のように、鈴が「義経」ってつけたいっていわなければいいのですが・・・そのあたりは克子の家だから大丈夫のような気もしますね。

 

忠彦(要潤)が鈴をモデルにして絵をかいていますので機嫌もいいし・・・名前ぐらいは萬平が決めたものにしてあげたいですね。

 

明日は、福子の2人目の出産になりそうな予感ですね。福子は2人目は女の子がいいのかな。あと、産後の肥立ちにまたならなければいいんですけど・・・今回はダネイホンが作れるから大丈夫。

 

克子姉ちゃんの家での生活なので、鈴の負担も多くならないので安心できますね。新しい命の誕生が楽しみですね。まんぷく73話の感想はここまで。まんぷく74話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第74話「生きてさえいれば」感想

まんぷく13週のネタバレ・あらすじはコチラ

三田村会長のモデルはどんな人だったの?

萬平(長谷川博己)モデル・安藤百福の人生まとめ

東太一のモデルはどんな人なの?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)