まんぷく第75話「家宅捜索」感想

このページは、朝ドラ「まんぷく」の75話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第75話のタイトルは「家宅捜索」です。

 

まんぷく74話のあらすじで、克子(松下奈緒)の家に財務局がやってきて福子の貯金通帳を強引にとっていきました。そのことで、東先生(菅田将暉)は国を訴えるよう萬平(長谷川博己)と相談します。

 

その続きとなるまんぷく第75話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、75話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「家宅捜索」です。

まんぷく75話のあらすじ

萬平は、東先生に勝てるのかと聞きます。そして、家族がつらいおもいをすることはないかと確認します。東先生は、勝てるかはわからない。しかし、家族は東弁護士が全力で守ると約束をします。

 

そして、東先生の決意に萬平も国を訴える覚悟を決めます。一方の福子(安藤サクラ)は、三田村会長(橋爪功)の言葉通り笑顔で生活を過ごしています。

 

そのころ、財務局では萬平が訴えてきたことが知れ渡ります。財務局には、進駐軍からどうするつもりかと問い詰められます。困っている財務局食品。

 

翌日、大阪に東先生が説明します。鈴(松坂慶子)はお国相手なので、絶対に負けてしまうと嘆きます。福子は、萬平がそう決めたならと覚悟も決めます。

 

福子は、東先生をホテルに送った後に牧善之介(浜野謙太)と恵(橋本マナミ)に偶然再会します。店に食事に一緒に行きます。その店は野呂(藤山扇治郎)の店でした。野呂はまだ独身なんだという。

 

みんな萬平のことを新聞で知っていて、福子の味方だと応援してくれることに涙ぐみます。そのころ、東先生の事務所に財務局の職員がやってきて家宅捜索を行うという。まんぷく75話のあらすじはここまで。まんぷく76話のあらすじにつづく。

 

まんぷく75話の感想

まんぷく75話のあらすじでは、国を訴えることを決めた萬平に福子もついていくと決意を決めました。そして、財務局は東先生のところを家宅捜索してきましたね。

 

しかし、財務局の職員のやり方はまあ汚いですね。相手が小さな弁護士事務所にもかかわらず、なんでそんなことをするのかな?完全につぶしにかかっていますよね。

 

完全に弱いものいじめの構図です。自分たちにやましいことがあるからそんなことをするんだろうなって思ってしまいます。強盗のようなことをしてみたり、別件での家宅捜索。

 

国と戦うってことはそういうことなんですね。怖い怖い。それでも、おかしいことはおかしいといわなければ萬平はやられっぱなしになってしまいますからね。

 

東先生の言うように声を上げないといけないってのは、まさにその通りだと思います。財務局は、訴えを取り下げるようになんか条件を出してくるのでしょうか。

 

そのあたりが、明日の注目になってきますよね。ここで、東先生が踏ん張らないと一緒に沈んでしまいます。でも、ここまでやってくれる弁護士はいないでしょうね。

 

最初は頼りないと思いましたが、東弁護士は井伊先生ですよね。家宅捜索の結果で、東弁護士が逮捕されるようなことがなければいいのですが。。。それにしても、鈴は面白い。完全にお笑いキャラですね。まんぷく75話の感想はここまで。まんぷく76話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第76話感想「ホリエモンの裁判にそっくり?」

まんぷく13週のネタバレ・あらすじはコチラ

東太一のモデルはどんな人なの?

萬平(長谷川博己)モデル・安藤百福の人生まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)