MENU

まんぷく

 

このページは、2018年10月1日(月)から始まるNHKの朝ドラ(連続テレビ小説)「まんぷく」のことを詳細に解説しているページになります。

 

 

 

恋愛色の強い朝ドラ「半分、青い。」に続く連続テレビ小説が今回の「まんぷく」になります。今回の連続テレビ小説は、モデルにしている人物がいるのかどうか。

 

 

 

出演するキャストには誰がいるのか。そして、どんな物語になっているのか。脚本家の人はどんな人になるのか等々を詳しく見ていきます。「まんぷく」に興味のあるあなたはぜひご覧いただけたらと思います。

 

 

 

まず、「まんぷく」については実在モデルがいます。私は、オリジナルストーリーの方が好きなのですがどうも最近の朝ドラはモデルを描いたものが多いですね。「まんぷく」のモデルは、日清食品を創業した安藤百福さんの妻・安藤仁子さんになります。

 

 

 

日清食品と言えば、皆さんご存知のカップヌードルで有名になった会社です。誰もが知っているこのカップヌードルの創業者夫婦の物語が今回の作品になるため親近感が持てますよね。

 

 

 

ここ最近の朝ドラは、モデルがあるケースがとても多いですよね。「あさが来た」もそうですし、「まっさん」も「とと姉ちゃん」も「わろてんか」もそう。そういった意味では、とても期待できるかもしれません。

 

 

 

なので、今回の朝ドラ「まんぷく」はとても楽しみになりますね。時代背景も割と最近のものになっていますので、どのように日清食品が大きくなったかの興味がある人にもおススメですね。

 

 

 

まんぷくの物語の見どころ

 

朝ドラ「まんぷく」のスタートは戦前になります。戦前から戦後の高度経済成長の期間にわたって元気に明るく生き抜いた大阪の女性のストーリーになります。

 

 

 

戦前に生まれた3人姉妹の末っ子である今井福子(安藤サクラ)は、父親の代わりとなっていた長女・今井咲(内田有紀)が亡くなってしまいます。

 

 

 

次女の克子(松下奈緒)も当時は、嫁に行っていましたので家計は火の車です。それでも、福子は自分がしっかりしなければと思いながら強く生きていくように決意します。

 

 

 

そんな厳しくもつらい時期に福子は運命の人に出会います。それが、立花萬平(長谷川博己)でした。福子は恋に落ちてやがて結婚するようになります。

 

 

 

萬平は実業家をしており、いろんな事業に手を出しますがうまくいかないものがほとんどで結婚してからも福子の苦しい生活は続いていきます。

 

 

 

そんな中で、究極のものを萬平が発明します。それがカップラーメンです。今も人気の3分でできるカップラーメンがどのようにできどのようなものなのか。詳しくは下記をご覧ください。

 

まんぷくのネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ

 

 

 

まんぷくのキャスト

 

毎回のことですが、今回の朝ドラ「まんぷく」のキャストも豪華な俳優・女優がそろっています。ヒロインの福子を演じる安藤サクラさんは、朝ドラ史上初の30代の女優さんです。

 

 

 

30代の大人な女性ですが、童顔で幼さも残っている女性です。新人発掘という朝ドラの元々もコンセプトにぴったりの女性ですね。そして、生涯のはんにょになる萬平を演じるのが長谷川博己さんです。

 

 

 

いまやドラマや映画で見ない日はなくなったぐらい有名な俳優さんですね。長谷川博己さん以外の脇を固めるキャストは豪華ですね。福子の姉で長女の咲を演じるのは内田有紀さん。

 

 

 

次女の克子には、朝ドラでヒロインをつとめたこともある松下奈緒さん。福子の母・鈴には松下慶子さんと周囲を固める人たちも安定感のあるメンバーになります。

 

 

 

松下奈緒さんが再度、朝ドラに出演するってなんか感慨深いものがありますね。この流れは、あさが来たの宮崎あおいさんが作ったのかもしれませんね。宮崎あおいさんの役はすごくよくて人気になりましたね。

 

 

 

なので、今回のキャストの中でも特に松下奈緒さんを個人的には楽しみにしています。これらのキャストのまんぷくでの役どころやこれまでどんな作品に出演してきた俳優・女優なのかをわかりやすいように一覧にまとめています。

 

 

 

まんぷくのキャストが誰だったかな?気になるあの人がどんな作品に出ていたか知りたいというあなたには、キャストの相関図や全体図を下記に乗せていますのでご覧ください。

 

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

まんぷくの脚本家

 

「まんぷく」を書く脚本家は、福田靖(ふくだやすし)さんになります。これまでにたくさんの有名作品を描いてきていますので、知っているというあなたもいるかもしれません。

 

 

 

これまでの脚本には、木村拓哉さんが主演でヒロインが松たか子さんだった「HERO」や福山雅治さん主演のドラマ「ガリレオ」、「海猿」シリーズなどがあります。

 

 

 

NHKでは、これも福山雅治さんが主演の「龍馬伝」の脚本を担当しています。なので、多数の人気脚本を手掛けていることがわかります。基本的に、ドラマは脚本の力が大きいですからね。

 

 

 

今回の「まんぷく」の脚本にあたりモデルがいるけど、安藤仁子さんのことを残した本はないので、ほぼオリジナルストーリーで描いていくと話しています。

 

 

 

もちろん、取材は多数行っているのと、日清食品を創業した安藤百福さんの書籍は多数残っていますので・・・その辺りを反映させてくるのではないでしょうか。

 

 

 

いずれにしても、ガリレオやHEROといった作品を描いていることからもわかるように、謎解きのような話が得意なのだと思います。ちょっとした頭を使う感じのものですね。

 

 

 

そんな福田靖さんだからこそ、カップラーメンを作った物語を支える妻を上手に描いてくれるのではないでしょうか。とっても楽しみになりますね。

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

まんぷく記事一覧

このページは、NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)「まんぷく」のキャストを相関図一覧でお伝えしています。まんぷくにどんなキャストがでているのか。まんぷくのキャストを知りたいというあなたはぜひこのページを見てください。まんぷくは、モチーフになっているのは、日清食品の創業者の妻・安藤仁子さんです。日清食品の創業時期になりますので、時代背景は戦前戦後になりますね。なので、戦争の様子・悲惨さなども描かれること...

このページの先頭へ